スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローヘッドジョーフィッシュへの給餌
2014-04-17(18:56)(木)


久しぶりにイエローヘッドジョーフィッシュの動画です。

うちの給餌はけっこうダイナミックです。
デバスズメが狂喜乱舞するのでちょびちょびあげていたのではイエローまでエサが到達しません。
どばーっとあげてます。
底に残ったエサはスポイドで舞い上がるようにして、また食べさせています。
白点なんか気にしていません。

最近ではメスのほうががっつりと食べるようになりました。
オスのほうが押されている感じです。
黄色みの強いほうがかわいいメスです。
スポンサーサイト

ディスクコーラル、コエダナガレハナサンゴ、ハナサンゴ追加
2014-04-16(20:07)(水)

DSC_0080.jpg
届きました。

アクアステーションピュアで通販しました。

DSC_0081.jpg
ミニサンゴばかりです。

実はクロスミニに入れることができるミニサンゴを探していました。
このショップではちょうどぴったりサイズのがありました。
60cm水槽では小さすぎるサイズです。
でもクロスミニではぴったりです。
ハードコーラルは平らな土台に接着されているのでレイアウトがしやすそうです。

DSC_0085.jpg
すべてのサンゴを投入

ちょっとにぎやかになりました。

DSC_0086.jpg
ディスクコーラルのミニ蛍光グリーンです。

ちょーきれいなグリーンです。
大きさは2cmちょっとくらいでしょうか。
強烈にきれいなグリーンなのでクロスミニでひときわ目立ちます。
買って大正解のディスクです。
なんとこのディスク、500円です。
ふたつ買いました。ふたつ買ってよかったです。
大きさも値段もワンコインです。(^.^)

DSC_0088.jpg
こちらはもうひとつのディスクとハナサンゴのミニです。

ハナサンゴは予定外でした。
本当はナガレハナサンゴのミニがほしかったのですが在庫切れでした。
ハナサンゴはメドゥーサの頭みたいです。

DSC_0087.jpg
コエダナガレハナサンゴ

これ!これが一番ほしかった、探していたサンゴです。
これは大ぶりのものやブランチタイプのがあって、とてもクロスミニには入りきりません。
このショップのミニサイズはクロスミニにジャストサイズです。
本当にあってよかったです。
水槽に入れるといい感じで伸びています。

問題はハードコーラルを長期維持できるかです。
いまのところはアワサンゴ、ハナガササンゴ、アザミサンゴは大丈夫なので、このまま水質を維持したいですね。

最後にクロスミニの動画です。

アクオスフォンで撮ったのですがピントが合わせにくいです。

ニチアクの天然海水しまてんプレミアム到着
2014-04-16(11:39)(水)

DSC_00741.jpg
ニチアクの天然海水、しまてんプレミアムが届きました。

しまてんプレミアムはCa、Mgなどの微量成分が調整・強化された天然海水です。
詳細はリンク先を参照ください。

DSC_0075.jpg
ソフトコーラル水槽にもぴったりの水質です。

DSC_0079.jpg
しまてんプレミアムが便利なのは開口部が工夫されていることです。

高知黒潮天然海水で初めて天然海水を使ったのですが、困ったのが小分けするときです。
クロスミニは1回の水換えで2リットル~4リットルを使います。
20リットル入りのダンボールから少量の海水をとるのが意外と面倒でした。

DSC_0076.jpg
なので今回はオプションのツイストコックも注文しました。

これをセットすることで少量の小分けがしやすくなります。

DSC_0078.jpg
消費期限も明記されていてきちんと2ヶ月の期間があります。

これならクロスミニで少量ずつ水換えしても大丈夫ですね。
今回は2リットルずつ水換えしようと思っています。
なので10回分の水換えができることになります。
これで2ヶ月近くはもつでしょう。
高知黒潮天然海水があと4リットル残っているので、これがなくなればしまてんプレミアムに変更予定です。

クロスミニのレイアウト変更?
2014-04-14(11:12)(月)

いつもと変わりのないクロスミニ水槽

ツツウミヅタはいじけたままだし、ちょっと物足りないのでいじりました。
DSC_0070.jpg
↑レイアウト変更前
DSC_0071.jpg
↑レイアウト変更後

どこが変わったのかわからないくらいの変更
変更というかデスブロックを追加しました。
真ん中上のスターポリプ(開いていません)の後ろ側に追加です。
写真では真っ白になっているところ。

DSC_0072.jpg
上からの写真でよくわかります。

スターポリプの上にある丸いのです。
これは昔飼っていたミドリイシの土台部分です。
平らになっているのでサンゴを載せやすいです。
ってことは、サンゴをちょっとだけ追加しようかと。
通販でクロスミニにぴったりのプチサンゴがありました。
状態は届いてみないとわかりませんが楽しみです。

次はニチアクの天然海水~しまてんプレミアム
2014-04-13(11:42)(日)

DSC_0064.jpg
高知黒潮天然海水の残りが少なくなってきました。

高知黒潮天然海水は基本的には1週間くらいで使い切ることが望ましい天然海水です。

DSC_0065.jpg
残りあと6リットル

過去8リットル、4リットル、4リットルと3回の水換えをしました。
高知黒潮天然海水は22~23リットルなので残り6リットルとぴったりです。
クロスミニではあと2回分の水換え量です。
あと2回の水換えですが、その間に品質保持期間の1週間は過ぎてしまいそうです。

なので冷やして保管しておくことにしました。
DSC_0066.jpg
ちょうどいい具合に粗大ごみと化した保冷温庫がありました。

10年以上前のものだと思います。
ここで2リットルのペットボトルに入れた高知黒潮天然海水を保管しておきます。
2リットルのペットボトルが縦に入りませんでした。(^^ゞ
あと数日以内に使う予定なのでこの時期は冷やす必要はないと思います。
ただ、今後も天然海水を使うとすれば、暑くなってくるので保冷庫で保管したほうがいいでしょう。

夏になるとクーラーのない室内は高温になります。
こうなってくると保存期間が短い天然海水は厳しくなってきます。
ろ過、殺菌処理された天然海水なら安心だと思います。

で、今度は予定通りのニチアクで注文しました。
ニチアクには何種類かの天然海水がありますが、しまてんプレミアムを注文しておきました。
天然海水の微量成分が調整された天然海水です。
高知黒潮天然海水がなくなればしまてんプレミアムを使います。

DSC_0067.jpg
高知黒潮天然海水の空っぽになったポリ容器

貧乏人はこんなものをついつい置いてしまいます。
違う天然海水の保管とかに使えるかな、と思って。

DSC_0069.jpg
高知黒潮天然海水で今日も水換え4リットル

スターポリプもすぐに反応してくれます。
高知黒潮天然海水はクロスミニで非常にいい結果が出ています。
コスパも最高です。
海水の透明感もアップしたように思います。
品質保持期間の問題がなければ間違いなく使い続けます。

DSC_0068.jpg
こちらは別の話題

イエローヘッドジョーフィッシュのために貝殻を入れてみました。
寝床のふたに貝殻を使うようです。
うまく使ってくれるでしょうか。

高知黒潮天然海水の効果
2014-04-10(13:36)(木)

今日も高知黒潮天然海水で4リットル水換えしました。
DSC_0060.jpg
水換え後、元気がよくなるのはトサカとチガイウミアザミ

高知黒潮天然海水にしてからこの2種類は本当によく伸びるようになりました。
チガイウミアザミは昼間もパクパクするようになりました。
なつかしい海の香りがするんでしょうか。
ウミキノコとスターポリプは相変わらず元気がありません。

DSC_0063.jpg
見事に復活を果たしたハナガササンゴ

こちらもLEDを点灯する前からよく伸びています。
水換え直後でこんな感じです。
水換えを喜んでいるのがよくわかります。
これが海水での水換えの楽しさでしょうか。
水換えすればサンゴ類はよく応えてくれますから。

DSC_0059.jpg
水換え後のカルシウムは420ppm

いいんではないでしょうか。
しばらくはリーフファンデーションABC+の添加はやめてみます。

DSC_0061.jpg
硝酸塩は3ppm

DSC_0062.jpg
リン酸塩は0.26ppmくらい

KHは8°dKH

比重は1.025

ジョー君のためにたっぷりとエサをあげているにもかかわらず水質は問題なさそうです。

このまま天然海水を使い続ければもっと効果があるように思います。
ランニングコストは人工海水よりも高いのがきついですが。
高知黒潮天然海水は10リットルほどは残っているので、あと3回は水換えができそうです。
クロスミニでは1週間で使い切るのは厳しいですね。
こうなるとやはり長期保存のできる天然海水が魅力的です。
高知黒潮天然海水もサンゴには好影響なのでいいのですが。

クロスミニに高知黒潮天然海水を
2014-04-08(18:17)(火)

DSC_0047.jpg
届きました。

高知黒潮天然海水
先日の記事で紹介しました。
送料込みで22~23リットル1580円でコスパ抜群です。
5ケース以上の注文なら1380円とさらにお得になります。
通常、他の天然海水は20リットル送料別なのでかなりお買い得です。

ただ、殺菌処理はされていません。
なので数日から1週間以内に使い切ることが推奨されています。
殺菌、ろ過処理された天然海水は長期間保存が可能なものもあります。
たとえばニチアクの天然海水なんかがそうです。
ニチアクも「しまてんプレミアム」という天然海水は成分調整されており、水槽に投入しやすい数値になっています。
こちらは20リットル1320円、送料620円(関西1個で)、合計1940円になります。
こうみるとニチアクの天然海水は成分調整されたうえに長期保存できるので、こちらもコスパはいいと思われます。
ニチアクは支払いが後払いで大丈夫なんですね。おまけに郵便振込みなら手数料無料です。
こういったところもニチアクの天然海水が魅力的なことろです。
次はニチアクの天然海水をぜひ試してみたいです。

で、前置きが長くなりましたが高知黒潮天然海水について
DSC_0048.jpg
しっかりとした容器に入っています。

もちろん輸送中の破損や漏れなどは皆無です。(^_^)
容器にいっぱい入っているので開封するときは要注意です。
20リットル以上入っているのでいっぱいなのでしょう。
クロスミニなので2リットル多いと1回分の水換え量になりますから助かります。

DSC_0050.jpg
水換え分の海水を抜いた後はでいるだけ空気を抜いて閉めておきました。

商品説明に空気をできるだけ抜くように書かれています。

DSC_0051.jpg
バケツに8リットル入れました。

バケツで水温調整中

さて気になる高知黒潮天然海水の水質チェックです。
DSC_0052.jpg
カルシウムは410~420ppm

思ったよりも高かったです。
天然海水はもう少し低いと思っていました。

DSC_0053.jpg
写真の意味はありませんがKH=7°dKH

こんなもんでしょうか。

DSC_0054.jpg
比重1.026くらい

天然海水の比重は高めとありましたが本当にそうでした。
人工海水での比重は1.023くらいに調整しているのでちょっと気になりますがそのまま入れました。

硝酸塩、亜硝酸塩は測定していません。

水質チェック後に8リットルの水換えをしました。
クロスミニで8リットルとなると、ほぼ全換水になります。

さて、その効果は・・・
DSC_0055.jpg
クロスミニの全景はいつもと変わりません。

いつもどおりウミキノコもツツウミヅタも元気なし。

天然海水で換水してすぐに効果が出るはずもなし、と思いきや

チガイウミアザミが全開でちょっとだけパクパクしています。

昼間っからパクパクすることなんてありませんでした。
ちょっとびっくりです。

さらに・・・
DSC_0056.jpg
ここ数日はご機嫌ななめで開きもしなかったスターポリプが開き始めました。

これは水換え直後から開き始めました。
まだまだ全開とはいきませんが。

DSC_0057.jpg
奥のハナガササンゴもよく伸びています。

手前のツツウミヅタはあいかわらず微妙

まだ1回だけの水換えなのでなんともいえません。
とりあえず20リットル分水換えをしてから評価ですね。
ニチアクも使いたいし。あ

ツツウミヅタ微妙
2014-04-06(20:20)(日)

DSC_0042.jpg
昨日は縮んで瀕死状態のツツウミヅタでした。

今日はといいますと、昨日よりは少し伸びているようですがほとんど開いていません。
微妙です。
でも、明るい兆しも・・・
DSC_0043.jpg
調子の良い頃に増えていた子株

これはしっかりと開いていました。
なんとか子株にはかんばって展開してほしいです。

ハナガササンゴはかわらず調子復活です。

DSC_0044.jpg
なかなか明るい材料がないクロスミニでこちらも元気になっています。

一度自切したハートチューブですが大きくなっています。
うれしいですね。
今日もとりあえず4リットルの水換えをしておきました。

ツツウミヅタ復活は厳しい
2014-04-05(21:18)(土)

DSC_0040.jpg
今日、仕事から帰ってクロスミニをみて愕然

ジョー君の仕業です。
すっかりサンゴ砂で埋もれています。
砂かけ攻撃にやられています。
こんな状態では厳しいです。
とりあえず今日も換水4リットル
サンゴ砂も吹き飛ばしておきました。

DSC_0041.jpg
水換え後

なかなか厳しそうです。
後ろ側のハナガササンゴは大丈夫です。
ハナガササンゴが復調したということは、ツツウミヅタの調子そのものが下降気味だったのかもしれません。
きっかけは添加剤等かもしれませんが衰退気味だったのでしょう。

火曜日には天然海水「高知黒潮天然海水」が届くのでそれまではがんばってほしいです。
あとは天然海水に期待するしかありません。

ちなみに今日のカルシウムは430~435ppmくらいでした。

天然海水「高知黒潮天然海水」
2014-04-05(00:01)(土)

今日は天然海水についてちょっと

クロスミニの立ち上げ時には天然海水とろ過細菌付サンゴ砂を使いました。
これのおかげで立ち上げが早く安定したのだと思っています。

最初の天然海水は海水館で買ったものです。

海水館の天然海水の水質は・・・
 比重:1.021(テトラハイドロメーター比重計・水温22~24℃)
 硝酸塩・亜硝酸塩:試薬上0ppm、カルシウム値:350~400ppm
 カリウム:458ppm(レッドシー) マグネシウム:約1400ppm(レッドシー)
 KH値が5~6のためKH上昇材を添加し8~10程度に上昇させております。
(海水館のHPより抜粋)

ここの天然海水は1リットル50円での量り売りです。
これは小型のクロスミニでは非常にありがたい販売形式です。
だいたいどこの天然海水も20リットルでの販売です。
あまり保存できないといわれている天然海水なので20リットルもあると使うのに時間がかかります。
海水館は送料も非常に安いのでお得です。
和歌山県まででも20リットル送料込みで1500円で買うことができます。
おそらく最安値だと思っていました。
もうひとつの天然海水に出会うまでは。

昨日、なにげに天然海水を探していて見つけました。
最安値に近い天然海水を

それはアクアラグナの高知黒潮天然海水

ここの天然海水は1ケース22~23リットルで1580円(梱包料・送料込み)
ここも非常に安いです。

高知黒潮天然海水の特徴は・・・
黒潮
足摺岬沿岸より数十キロ沖の純黒潮からの採水
溜置きは致しません(1~2日以内で余った分は廃棄)
ほぼ毎日沖合へ出るので帰り際、採水しております
ゆえに常に新鮮です
(高知黒潮天然海水HPから抜粋)

高知黒潮天然海水が魅力的なのは数十キロ沖合いから採水しているということです。
陸から数メートルから数十メートルの表層から採水された場合は、水が傷む元になるタンパク源・その他不純物が豊富すぎるようです(HPより抜粋)。
なので殺菌もされていません。

その理由として・・・
黒潮の海水は限りなく清浄なため数日~1週間、常温で何もしないで置いておいても傷んだりしません
(※ストック場所の環境によります)
採水後、完全に封をしたまま日陰常温にて半月以上放置したものを幾度となく水質チェック及び店内の生体が入っているサンゴ水槽・魚水槽へ使用し確認致しました
実験的に最長一ヶ月、密封ストックしたものも検査してみても問題無しでしたが
目安的には一週間前後で使い切って頂くほうが無難です
(HPより抜粋)

さて、天然海水を使うメリットがクロスミニでどれだけあるのか、ということが重要です。
いろんな要素があると思いますが、見た目にサンゴがどれだけ調子よくなるのか、ということもポイントだと思います。
近々届く予定です。
プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。