スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアキュート250ウールボックス化計画
2014-09-09(18:28)(火)

DSC_0880.jpg
我が家のオーバースペックなプロテインスキマーHS-A400

配管が複雑でスキミングがまったく安定しません。

DSC_0875.jpg
おそらく原因は複雑な配管による塩ビパイプ内圧の変動によるものです。

配管の塩ビパイプの中では多量のエアと排水がせめぎあった状態になっています。
それで排水がスムーズにいかずスキマー内の水位が上下に変動することが多々あります。
水位の変動によりスキミングがまったく安定しませんでした。
DSC_0884.jpg
泡立っても汚れを浮き上がらせることがまったくできません。

これでは超高価なエアレーション器具に成り下がっています。
HS-A400の調整には、エア流量、コントロールパイプによる排水流量、送水ポンプ(エーハイムコンパクトポンプ1000)による送水量の3つの設定が必要です。
このどれかが少しでも狂うとスキミングできません。
非常にシビアな調整具合です。
おそらく濾過槽へ配管を直下させるだけのシンプルなものなら問題はないのでしょう。
しかしアクアキュート250ではそれができません。

ふたつ上の写真のようにスキマー排水口をTチーズに変更してみましたが、それでもなかなかスキミングができませんでした。
DSC_0883.jpg
↑これはエルボに穴を開けて圧を逃がして排水を安定させる作戦です。

これでもなかなか調整は難しいです。
この穴から時々、泡や水が噴き出していました。
やはりパイプ内の圧力が一定でないようです。
濾過槽内に泡が飛び散るのも厳しいです。
DSC_0881.jpg
しかし、見た目には以前のウールマットぐるぐる巻きよりもましになりました。

エルボの先にはスポンジを付けただけのシンプル加工です。
しかし泡戻りと排水によるエアレーション効果で水跳ねがあります。
なので写真のようにペットボトルで覆いました。
これは以前にもやったことがあります。
今回はこのペットボトルの中でうまく泡が収まっています。

こんな見た目にも厳しい濾過槽、なんとかならないものかと思案中です。
実はNeoCubeさんの強力なアドバイスを受けながら着々と計画しています。
これがうまくいけば見た目、泡戻り、飛び散りすべての問題がクリアできます。
そのためにはスキマー配管をやり直す必要もでてくるので、かんたんにはいきそうにありません。


↑ペットボトル排水口の具合の動画


↑珍しくおさかな全員集合の動画

スポンサーサイト

石灰藻増えてきた
2014-09-04(07:05)(木)

DSC_0827.jpg
ヤブカ(シマカ)

犬の散歩に家の裏側の空き地へ行くとこいつに刺されることがあります。
和歌山県では発生していませんが恐ろしいです。

今日は石灰藻について
DSC_0857.jpg
アクアキュート250に付けている水中ポンプが石灰藻だらけになってきました。

DSC_0858.jpg
ライブロックの石灰藻もモコモコになってきました。

それもこれのおかげです。
DSC_0861.jpg
ヤフオクで落札したCaリアクター

天板の不具合、水漏れなどがありましたが、交換後は順調に作動しています。
リアクターだけだったら超小型のアクアキュート250ではもてあますところですが、PHコントローラーをセットしているので調整が気になりません。
ていうか、小型水槽ではPHコントローラーがないことにはCaリアクターの調整は非常にシビアだと思います。
お値段が高すぎなのが痛いところですが、お値段に見合った仕事をしてくれます。
最近はCaメディアが少し減ってきたように思います。

昨日のKH=11dkh

ずっとこの値で経過しています。
Ca値は計測していませんが、ほとんど変化していないと思います。
それでもミドリイシが一部白化するということは照明かその他の微量成分不足が原因でしょうか。
昨日から添加しているブライトウェル添加剤に期待です。

ちなみにNO3=2ppm

こちらもほぼ変化なく経過しています。
ほぼ毎日バクトフードSPの添加は続けています。

DSC_0859.jpg
今日はいちだんとクリーミーに仕上がっていました。

スキマーの仕事も大きいと思われます。
これが貧栄養状態の海水に仕上げてくれているおかげで石灰藻も安定しているのだと思います。
オーバースキミングではなく微量ずつ濾し出してくれています。
なので小型のアクアキュート250でもオーバースペックなHS-A400は十分に機能していると思います。
見た目は要塞のようですが (^^ゞ

DSC_0862.jpg
キイロサンゴハゼ

人工エサに餌付いてくれました。
DSC_0863.jpg
↑このエサはたしかひごペット泉ヶ丘店で買ったものです。

以前、熱帯魚用に買ったのですが冷蔵庫で保管していました。
捨てずにおいといてよかったです。

DSC_0864.jpg
今まではイエローヘッドジョーフィッシュへSサイズ粒の人工エサをあげていました。

流れてきたそのエサに興味を示していましたがキイロサンゴハゼには粒が大きすぎました。
この熱帯魚用のエサは粒が非常に小さいです。
SSサイズくらいでしょうか。
キイロサンゴハゼもこれならパクッと食べてくれました。
もちろんイエローヘッドジョーフィッシュやネジリンボー、パープルファイヤーゴビーも食べています。
今はこれをメインに与えています。

アクアキュート250の水換えとか
2014-08-31(12:22)(日)

DSC_0825.jpg
アクアキュート250の水換え

2,3日おきに4リットル水換えしています。
夏場に困るのが水温調整
うちは近所のスーパーの無料RO水を使っています。
しかし暑い時期には水温が高くなってしまいます。
水槽の水温は25℃設定です。
人工海水を溶解するときには保冷剤を入れておきます。
これでいい感じに25℃まで下がってくれます。

DSC_0822.jpg
人工海水はリーフクリスタル

これを密閉容器で保存しています。
さらにビニール袋に小分けしています。
4リットル分の人工海水142gです。

淡水より面倒なのは海水を準備する必要があることですね。
アクアキュート220だけなら天然海水を使いますが、小型とはいえ水槽2本分ではお高くなってしまいます。

DSC_0823.jpg
またもやホールドファストの登場

DSC_0824.jpg
ヘアリーディスクを固定しました。

枝状のライブロックについていたのですが、ぽろぽろと落ちることがありました。
なので枝状ライブロックをホールドファストでくっつけました。
これで落ちることはありません。

DSC_0837.jpg
アクアキュート250にもツツウミヅタB品を入れておきました。

実はアクアキュート220用と2個注文していました。
思っていたよりも大きかったのでびっくりしました。
ワンコインだったのでcharmサイズだと思っていたら、普通に大きめのサイズでした。
これできれいに開いてくれて、きれいなグリーンならお買い得です。

パープルファイヤー・ゴビー
2014-08-24(17:51)(日)

DSC_0771.jpg
久しぶりにわくわくするさかなが届きました。

まぁタイトルとおりなんですが。(^^ゞ
ここで通販しました。
ここでははじめての通販です。
はじめての通販ショップは不安もあります。
しかし、このでかい箱を見て安心しました。

DSC_0772.jpg
箱を開けてびっくり

ビニール袋がいっぱいあるではないですか。

???

なるほど。
こんな梱包方法もあるんですね。
一袋にいっぱい海水を入れるんではなくて数袋に分けてあります。
一瞬、おまけがたくさん入っているのかと勘違いしました。(^_^)

DSC_0775.jpg
埼玉県のショップからうちの和歌山県までは最短でも翌日14時以降の到着予定でした。

が、いつものように追跡調査していると早朝から経由地点を通過していました。
で、届いたのも早くて10時前には営業所から電話がありました。
生体を受け取るときは必ず営業所止めにしています。
夏冬は特に注意が必要です。
営業所内ではクーラーの効いた涼しい場所に保管してくれています。
しょっちゅう受け取りに行っているので、顔を覚えられました。
行くとすぐに荷物を出してくれます。
ありがたいです。(^_^)

でも今日は夜勤明けでしたので、根性で受け取りだけ行ってきました。
水合わせをする体力がなかったので、とりあえず寝ました。
2時間ほど寝てから水合わせ開始です。
寝る前に保冷剤を追加しておいたので、水温はばっちりでした。

DSC_0776.jpg
問題はこの小型水槽での水温合わせ、水合わせ方法です。

小型水槽なので袋ごとドボンと水槽にはつけることができません。
なのでカップに移してから水温合わせをする必要があります。

DSC_0777.jpg
飛び出し防止のためにガラスふたをしました。

上のほうまで上がってきていますね。

DSC_0778.jpg
水合わせ完了後はさらに小さなカップに移します。

これで水槽内に放します。

DSC_0780.jpg
水槽の裏側で様子見です。

きれいな姿を見せてくれるでしょうか。

ちなみのこのパープルファイヤー・ゴビー
DSC_0773.jpg
20年近く前は高嶺の花でした。

DSC_0774.jpg
1995年の海水魚図鑑ではなんとお値段45,000円!(*_*)

とても買えるものではありませんでした。
当時の雑誌でお金持ちそうなお嬢様が飼っていたのが載っていました。
20年ほどたってお値段なんとその1/10近くで買えるようになりました。
入荷流通量が安定してきたんでしょうね。
ありがたいです。

ホールドファスト使ってみた
2014-08-16(00:00)(土)

DSC_0738.jpg
ホールドファスト

サンゴ固定のための水中ボンドです。
くらやんさんにいただいたものです。
今日使ってみました。
DSC_0740.jpg
このナガレハナサンゴを固定するためです(これもくらやんさんからのいただきものです)。

うちのエース級のサンゴですがぽろぽろと落ちてしまいます。
そこでホールドファストで固定してみました。
普通のパテと同じ使い方で、よくこねてから貼り付けます。
思ったとおりの場所と高さに固定できました。
今まではスターポリプと接触していたのでスタポリが機嫌を損ねているところがありました。
これで接触はなくなります。

DSC_0739.jpg
横から見るとパテだらけです。(^^ゞ

数分すると硬化していました。
色もそのうちなじんでくると思います。

DSC_0741.jpg
土台がはずれていたミドリイシはアロンアルファでくっつけました。

charmでハナガササンゴSサイズ&ホワイトブルーレッグハーミットクラブSSサイズ
2014-08-15(17:29)(金)

DSC_0746.jpg
表題のとおりですがcharmです。

DSC_0747.jpg
以前は手書きだったのに、最近ではシール化されたラベルです。

DSC_0751.jpg
ハナガササンゴ・グリーンSサイズ

本当はタネサイズのが欲しかったのですがずっと欠品中です。
ハナガササンゴは伸びとかなり広がります。
うちのアクアキュート250ではレイアウト的にぎりぎりサイズです。
水槽投入直後なのでつるつる状態です。
土台は5,6cmですが広がるとレイアウト的に厳しそうです。

水流的には海道河童・小の手前にあるので強い水流はあたりません。
ハナガササンゴにはちょうどいい場所です。

ハナガササンゴは長期維持が非常に難しいハードコーラルです。
10年以上前にも幾度とトライしましたが、まったく長期維持できませんでした。
しかし、今回は以前とは設備が違います。
ある程度硝酸塩が抑えられているのでなんとか長期維持したいです。
ナガサハナサンゴはポリプがゆらゆらと揺れる様がなんともいえません。

DSC_0748.jpg
これを買ってみました。

ハナガササンゴの長期維持には硝酸塩については0のほうがいいとか、ある程度あったほうがいいとか賛否両論です。
エサに関しては給餌したほうがいいようです。
エサや添加剤はこのマーフィードのブライトウェルシリーズがいいようです。
ディスアクのなじみの店員さんのおすすめです。
このズープランクトスSはキイロサンゴハゼにもよさそうです。
マグネシウム、ストロンチウム、鉄分など各種添加剤もブライトウェルシリーズでそろえようと思っています。

DSC_0750.jpg
こちらはホワイトブルーレッグハーミットクラブSSサイズ2匹です。

本当はスカーレットリーフハーミットクラブが欲しかったのですが欠品中でした。
このSSサイズは超ちいさいサイズです。
これならサンゴに乗っかっても大丈夫そうです。
コケ取り、残餌掃除にがんばってほしいです。

DSC_0754.jpg
サンゴは過密状態です。

これ以上は置くところはありません。
カルシウムや微量成分がさらに消費されそうです。
CaリアクターでKH=11~12で維持できています。
これから下がっていくのかがポイントです。

DSC_0752.jpg
見た目に×ですが、あまりの蒸し暑さとガラス曇りのためにUSBファンを水槽に向けました。

スキマーにファンをくくりつけています。(^^ゞ
水草水槽と違ってまったくおしゃれじゃありません。
水質、水温維持優先です。
昨日はあまりの蒸し暑さでZR-miniも25.4℃から水温が下がりませんでした。
ずっとフルパワーでした。

DSC_0743.jpg
スキマーはようやく少し濃い汚水がたまっていました。

まだ調整は微妙です。
DSC_0745.jpg
取り説にあるように水位レベルがくびれ部分の真ん中あたりがベストポジションのようです。

DSC_0744.jpg
ただ、なかなかこの位置で水位が安定しません。
ちょっとしたことで変化します。
スキマー調整はまだまだ試行錯誤が続きます。

キイロサンゴハゼ出てきました
2014-08-13(16:25)(水)

DSC_0732.jpg
先日、台風を乗り越えてやってきたキイロサンゴハゼがようやく姿を見せてくれました。

エサをばらまいてみましたがまだ食べませんでした。
ショップではSサイズのエサを食べていたようです。


プロテインスキマーHS-A400ですが、排水口を横向きに戻しました。

先日にバブルストッパーを自作して排水口を縦向きにしました。
しかし、縦向きにしてからスキマーの泡が大きくなりました。
まったくスキミングされる気配がありません。
さらには泡戻りが多くなってしまいました。
スキマーを底上げしたので、注水ポンプとのバランスが崩れてしまったのだと思います。
おそらくこのスキマーは微妙なバランスでスキミングできるのだと思います。
HS-A400はエア調整バルブやコントロールパイプでの水流調整ができますが、それに加えて濾過槽からの水流具合も重要な要素なんでしょう。

エーハイムコンパクトポンプ1000をMAX流量で使っていましたが、それでも泡上がりがいまひとつでした。
それで排水口を横方向に戻してみました。
泡戻り対策で排水口はウールマットを3重くらい巻きつけています。
これで泡戻りはなくなりました。
見た目の悪さは仕方ありません。
それでも泡上がりがいまひとつです。
エーハイムコンパクトポンプ1000の流量MAXですが、水位の上がりもいまひとつです。
以前はもう少し水位が上がっていて、濃い泡が上がっていました。
またバランスが崩れてしまったようです。
もう少しパワーのあるポンプに変えると解決できるのでしょうか。
Damzelさんがいわれていたように安定までには1ヶ月は様子をみないといけないのかもしれません。
実際、今の泡上がりを見ていると、どうも海水がそんなに汚れていないような気もします。
気長に調整していこうと思います。

キイロサンゴハゼ
2014-08-11(21:02)(月)

DSC_0731.jpg
念願のキイロサンゴハゼです。

ずっと最初から入れたかったさかなです。
このキイロサンゴハゼ、到着までに3日かかってしまいました。
昨日の台風です。
昨日着で注文していました。
台風が来るので到着日を変更しようと思ったときには配達メールが届いてしまいました。
で、案の定、昨日は台風で到着せず。
今日の昼には着きましたが、仕事で水合わせもできず。
夕方に帰ってきてからあわてて水合わせしました。
なんとか無事に3日間がんばってくれていました。
幸いしたのは昨日今日の気温の低さでした。
猛暑日でしたらアウトでした。
袋の水温を計ると27℃でした。
水槽投入後はさっそく隠れていました。

ちなみにここで通販しました。
梱包状態が完璧でした。
段ボール箱に発泡スチロールが入れてあり、水量も多かったです。
こういった梱包状態のよさでショップの良さがうかがえますね。

HS-A400ですが、元通りの横向き排水口に変えました。
泡戻りが強くなったこと、泡が大きく水流とのバランスがとれていないことがダメでした。
ちょっとしたことですが、水流と高さなどの微妙なバランスがあるようです。

バブルストッパー自作
2014-08-11(00:00)(月)

先日からセットしているプロテインスキマーHS-A400ですが、排水口の加工をしました。
DSC_0723.jpg
午前中は台風の影響でお出かけはできず。

午後からホームセンターで塩ビパーツを買ってきました。
プロテインスキマーの排水口が横向きになっていました。
これではどうも排水がスムーズでなく、泡が安定しない原因のひとつかもしれません。
そこで、塩ビパーツを足して縦方向への排水に加工することにしました。
勢いです。

DSC_0727.jpg
排水を縦方向にするにはHS-A400全体を底上げする必要があります。

なのでスキマーの下に板をかませました。
これで約5cm底上げできました。

DSC_0726.jpg
なんとか塩ビパイプは縦方向にできました。

が、エアレーション効果がハンパなく凄いです。
スキマー全体が高くなったので給水ポンプの流量を最大にしました。
最大にしてようやく泡が上がってくる感じです。
この影響で泡戻りが非常に多くなってしまいました。
で、急遽ペットボトルでバブルストッパーを自作しました。
ペットボトルで排水口を覆ったことで泡による水はねはなくなりました。
泡戻りのほうはじゅうぶん許容範囲です。
我ながらなかなかの思いつきと自作です。(^.^)


まぁこれで以前の横向き排水、ウールマットぐるぐる巻きよりも見た目にはまし?

いや、ペットボトルですから。(^^ゞ
セットしなおしたので、また泡が大きくなってしまいました。
泡がなじむまでまた待ちます。
底上げしたことで水位調整も微妙です。

DSC_0729.jpg
スキマーとリアクターをセットしてからサンゴの調子がいいです。

いただいたアワサンゴもびよーんとよく伸びています。
手前のマメスナSSサイズも超元気です。
これはいったんダメになりかけたんですが、見事に復活してくれました。
去年charmで買ったマメスナSSはこんなに小さなサイズでした。

DSC_0730.jpg
手前のハナガサショートもダメになりかけていましたが、少し伸びるようになりました。

マメスナギンチャクS元気なし
2014-08-05(21:06)(火)

先日にcharmでスポンジを買ったときにマメスナギンチャクSサイズも一緒に買いました。
DSC_0692.jpg
が、開きません。

イソギンチャクモエビがよく乗っかっているのでいじけているのだと思います。
ちょっと時間がかかりそうです。


こちらはセット3日目のプロテインスキマーHS-A400

初日よりも泡はあがってきていますが、まだまだ薄いです。
もっと濃くて汚い泡が上がってくるはずです。
まだなじむまでに時間がかかりそうです。

明日にはようやくCaリアクターを再セットできそうです。
プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。