スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスミニに搭載できるミニヒーター
2013-11-30(10:26)(土)

先日購入したクロスミニですが20cmサイズで非常に小さいです。
なので水槽内には器具を入れると生体があまり入りません。
見栄えも悪いです。
ですのでヒーター類はろ過槽内に入れることにあります。
ところがこのろ過槽も小さいので入れられるヒーターサイズが限られます。
IMAG0795.jpg
とりあえず家にあったヒーターをセットしてみました。

GEXのICオートヒーターDS65です。
65Wなので総水量10リットルのクロスミニにはちょうどいいです。
このヒーターはヒーター部の長さが12.5cmで短いです。

IMAG0797.jpg
ろ過槽のスノコの下にセットすることができました。

DS65ならセットできそうです。

IMAG0796.jpg
このクロスミニのもうひとつも問題点

ろ過槽からコード類を出す切り欠き部分が非常に狭いです。
なのでコード2本くらいが限界です。
ポンプのコードとヒーターのコード2本でぴったりです。
ヒーターはサーモ内蔵の一体型になります。
サーモ別ではサーモ用のコードがあるので厳しいでしょう。

上の写真で細いコードが1本出ています。
これは水温計のコードです。
これくらい細いコードなら出すことができます。

IMAG0798.jpg
こちらは水中ポンプ

ポンプと吐出口へのパイプはねじ込み式で接続するようになっています。
小さくてもオーバーフロー水槽ですね。

IMAG0799.jpg
水位ゲージメーターも搭載

小さなフロートボールが付いているだけですが、これで水位をチェックできます。

こうやって準備しているときのワクワクがいいですね。


スポンサーサイト

1995年の海水魚飼育事情
2013-11-29(15:47)(金)

IMAG0788.jpg
1995海水魚カタログ

私が海水魚を始めた頃に買ったカタログです。
今から18年ほど前に買ったものだと思います。
テープで補強してボロボロな状態です。
それでも捨てずにおいていたことが奇跡的です。

私は20年以上前に飼った1匹のアカヒレから熱帯魚飼育が始まりました。
それから海水魚飼育にはまることになりました。
しかし、当時はインターネットも普及しておらず、情報は雑誌とショップだけが頼りでした。
海水魚にどんな器具を買えばいいのかもわからず、いろいろと調べたのを覚えています。
この海水魚カタログは参考書のように何度も読んでいました。

今はインターネットが普及して容易に情報が入るようになりました。
器具も当時よりも使いやすくなっています。
いい時代になりました。

20年近くの時を経て再び海水魚を始めてみます。

IMAG0793.jpg
1995年10月15日、こんな写真が残っているのも奇跡的です。

当時、デジカメなんてありませんでした。
ブログもありませんし飼育していた頃の記録なんて残っていません。
この写真が当時の状況がわかるものです。

60cmレギュラー水槽に2灯式の蛍光灯
当時、なかなか売っていなかったレイシーの上部フィルター(海水魚飼育ができる唯一の上部フィルターでした)
そして、エーハイムの内部式フィルター

こんなシステムでやっていましたが、なかなかうまくいきませんでした。
この写真も立上げ間もない頃だと思いますがコケ発生が目立っています。
立上げ時の茶ゴケに悩んだのを覚えています。
それでもシライトイソギンを入れているのがすごいです。(^^ゞ
もちろん長生きできませんでした。
あれから試行錯誤の繰り返しでなんとか生体を飼えるところまできました。
もう一度海水魚飼育を始めてみて、どこまでできるのか楽しみです。
人生初のオーバーフロー水槽なので(^.^)うまくいくでしょうか。

IMAG0789.jpg
カタログの裏側

年代を感じさせるエーハイム製品です。
マリンバイタルやバイオコリンのカプセルなんかはよく使っていましたね。

IMAG0790.jpg
1995年のカクレクマノミ価格1500円~3000円

やはり当時は高かったですね。
今の倍以上はしています。
マリンアクアリスト人工もしれていたと思います。

IMAG0792.jpg
当時は非常に高価だったホワイトソックス

6000円~10000円となっています。

IMAG0791.jpg
きれいなアケボノハゼなんかも6000円~12000円とかなりお高いです。

20年近くたって器具もよくなり価格も安くなって海水魚でも飼育しやすくなりました。

ニッソーのクロスミニ・ホワイト
2013-11-27(20:34)(水)

IMAG0780.jpg
届きました。

ニッソーのクロスミニです。
色はホワイトです。
20×20cmサイズでたった6.8リットル+ろ過槽5リットルの水量です。
マルチ水温計も準備しました。
ろ過槽に仕込みます。
超小型水槽なので水槽内はすっきりさせます。

IMAG0784.jpg
ホワイトなので見た目もかなりすっきりです。

思ったよりも高さがあります。
高さは435mmです。

IMAG0781.jpg
ろ過槽はこんな感じです。

ウールマットとろ材が付属しています。
付属のろ材は使いません。
海水ではサンゴ砂を使います。
ろ過細菌付のサンゴ砂を準備する予定です。
海水も天然海水を準備予定です。

IMAG0785.jpg
吐出口

ここも白ですっきりしています。

IMAG0782.jpg
裏側も白です。

完璧な統一感(^.^)

IMAG0787.jpg
水槽の裏側からはろ過槽の中が見えます。

IMAG0786.jpg
こんなスペック

いったいいつセッティングできるかは不明です。
まだまだ先でしょう。

アピストグラマ・マクマステリレッド稚魚22日目
2013-11-26(18:52)(火)

1.jpg
大きくなりました。

スマホのデジカメなのできれいじゃないです。

12.jpg
早くて撮れません。(^^ゞ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

サンゴ海水魚!
2013-11-25(18:03)(月)

10年以上前、海水魚飼育をやっていました。
インターネットがなかった時代からやっていたので情報もありませんでした。
頼るものはショップと雑誌のみ。
いろんなショップをめぐって情報収集していました。
海水魚をやめてから10年ほどになりますが、また再始動しようかと計画中です。
昔はこんなHPを展開していました。
今はHPのソフトをなくしてしまったので更新、削除することすらできません。
放置したままです。(^^ゞ

IMAG0770.jpg
こんな雑誌を買ってしまいました。

とりあえずは情報収集から。
10年で海水魚飼育事情がどれだけ進歩しているのかわかりません。
いろいろと調べてみようと思います。

181156-1.jpg
大きな水槽を置くことなんてできません。

狙いは最小のオーバーフロー水槽
総水量わずか10リットルほど
サンゴ海水で小型水槽は難しいのはわかりきっています。
それでも小さな水槽で海を再現できればと思っています。

そのためにはまずはお勉強からです。

アピストグラマ・マクマステリレッド稚魚19日目
2013-11-23(16:43)(土)


もう食べ方だけは一人前です。

それらしき模様は付いてきました。
いったいいつになったら雌雄の区別がつくんでしょうか。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アピストグラマ・マクマステリレッド稚魚すばやいです
2013-11-21(18:26)(木)


昨日の動画です。

昨日で16日目
泳ぎがいちだんと速くなって焦点が合いません。(^^ゞ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


2013-11-21(17:45)(木)

unnamed.jpg
こんなのに4時間以上も並ぶ人たちって…

ウォーターフォール30をきれいに維持するのは難しい
2013-11-20(18:05)(水)

ウォーターフォール30をセッティングしてから4ヶ月ほど経過しました。

立上げ当初はこんな感じでした。

ところが最近はお手入れをまめにしていないのでえらいことになっています。
DSC07881.jpg
↑こちらは吸水パイプ

1週間前くらいにお掃除してもすぐにコケてきます。

DSC07882.jpg
↑こちらはずっと放置の排水パイプ

醜いです。
排水パイプはお手軽にはずせなのでお掃除が面倒になってしまいます。
でも、パイプはまだ掃除しやすいです。
ウォーターフォール30で一番の問題は…
DSC07884.jpg
↑こんなところや

DSC07885.jpg
↑こんなところ

ウォーターフォール30はコーナー部分が多いのできれいにしにくいです。
佗び草が伸びてくると佗び草を動かしにくいので、側面などのお掃除ができません。
ガラスにはいやな藍藻も発生しています。(T_T)
今日は久しぶりにきれいにお掃除しました。
以前は次亜塩素酸に漬け込んでいましたが、今日は面倒だったのでエーハイムのお掃除パイプできれいにしました。

DSC07886.jpg
↑きれいにお掃除後

汚れがこびり付いているのでなかなかきれいにできません。

DSC07887.jpg
パイプもきれいになりました。

でも次亜塩素酸に漬け込んでいないので、コケが残っています。
やっぱり12%の次亜塩素酸がいりますね。
なくなっちゃったのでまた注文します。

DSC07888.jpg
ウォーターフォール30の住人はこの1匹だけです。

けっこうよく食べるので汚れやすいです。

DSC07889.jpg
残っている佗び草はしっかりと成長しています。

なんの有茎草かはわかりませんがきれいに伸びています。

水槽などまめにきれいにするほうだと思うのですが、このウォーターフォール30はなかなか難しいです。
汚れてくるとついついきれいにするのが億劫になってしまいます。
普通の水槽のようにお手軽にガラス面を掃除できないのでネックです。
佗び草も成長に伴って動かしにくいのも、お掃除が面倒になる要因です。

ウォーターフォール30に興味のある方はこういった点をご注意くださいませ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



佗び草のトリミング
2013-11-18(13:56)(月)

DSC07857.jpg
水面まで伸びてきた佗び草の有茎草たち

間延びした有茎草はきれいじゃありません。
レイアウト向きの水槽ではありませんが、少しでもレイアウトを整えておこうと思います。

DSC07858.jpg
今日はばっさりとトリミングしておきました。

佗び草はささっとレイアウトを整えたいときに便利ですね。
成長も速いですし。

DSC07859.jpg
クリプトMIXもきれいです。

このままきれいなのを維持したいですね。

DSC07872.jpg
カットした有茎草はアベニー水槽へ入れておきました。

アベニー水槽もコケが多いので富栄養状態の改善につなげたいです。

DSC07866.jpg
ドワーフリシアは成長が遅いのでコケにやられやすいです。

小さいリシアネットのほうは少し伸びてきました。

DSC07870.jpg
ウォータフェザーも糸状コケで覆われつつあります。

今日は手でトールでコケをやっつけておきました。

DSC07871.jpg
ウォーターローンも茶コケでやられています。

こちらは管理はかんたんです。
もう少し根付くのを待ってから、ソイルから出ている葉っぱをトリミングします。
それで新芽が展開してくれます。
根付くのを待つのが長いです。

DSC07878.jpg
トリミング後の水槽

すっきりとしました。

DSC07876.jpg
アピストグラマ・マクマステリレッドの稚魚も少し撮影しやすくなりました。

自由気ままに泳いでいます。

DSC07873.jpg
2,3日に1回のブラインシュリンプ水槽の水換え仕事が増えました。

うちは一番大きな水槽はミニM1本ですが、他にもウォーターフォール30、15cmストック水槽、アベニー水槽、めだか鉢があります。
小さな水槽ばかりでも水換えは大変です。

DSC07880.jpg
こちらはアクアねたではありません。

先日、釣ってきたアオリイカの刺身
10年ぶりに釣れたてのアオリイカを食べました。
やはりうまいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村





佗び草の成長は速いです
2013-11-17(14:59)(日)

DSC07856.jpg
コケ対策で佗び草を入れてから今日で8日目です。

1週間で水面まで伸びました。
佗び草の成長は速いです。
明日にでもトリミングします。
これだけ成長の速い有茎草があればコケの量も減りそうで期待できます。


こちらはアピストグラマ・マクマステリレッドの稚魚13日目です。

最初よりも大きくなってよく泳いでいます。
ざっと数えて12匹くらいは確認できました。
ブラインシュリンプもよく食べています。

DSC07855.jpg
An aquarium.でブラインこし器(小)を買いました。

これでかんたんにブラインを濾すことができます。
稚魚に与える前にしっかりと淡水で洗っておきます。
水の流れもスムーズです。
今まではコーヒーフィルターでやってたので面倒でした。

昔はワムシネットを持っていたんですが、捨ててしまったようで見当たりませんでした。
カクレクマノミの稚魚飼育に使っていました。

DSC07853.jpg
ついでにブラインシュリンプエッグ用の瓶も買っておきました。

楽に卵をすくうことができます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



アオリイカのヤエン釣りIN白浜
2013-11-17(06:38)(日)

昨日、和歌山県白浜までヤエン釣りに行ってきました。

IMAG0747.jpg
寒いときなので防寒着はどっさりと持って行きます。

ヤエン釣りの釣り道具はたいしたことないのに、着るものだけで荷物が多くなります。
しかしこれをしておかないとえらい目にあいます。

IMAG0748.jpg
今回の釣行は職場の同僚と2人で行きます。

運転してくれるので楽チンです。
大潮満月を狙っての釣行です。
昼間では大雨でしたが、午後からは晴天に
昼3時過ぎに出発しました。
着く頃にはきれいな満月で釣果を期待させてくれます。

しかし釣行日の朝まで夜勤でしたので体はクタクタです。
無理をできない年頃になってきました。(^^ゞ
運転しなくていいので助かりました。

さて、高速を下りてからすぐに釣具店に直行です。
ヤエン釣りには生きアジが必要です。
電話で40匹予約しておきました。
古川釣具店は電話で生きアジも予約してくれるので助かりました。
ここの釣具店は10年前、白浜に単身赴任しているときに時々行ってました。

釣具店の駐車場は車でいっぱいでした。
天気がいい大潮、金曜日の夜なので釣り人も多いです。
心配なのは狙いのポイントが空いているかということ。
アオリイカのシーズンになると白浜でも1級ポイントは先行者がいることが多いです。
今日行くポイントは足場のいい白浜の1級ポイントです。
アジを調達してから急いでポイントに向かいました。

ポイントに近づくと誰もいないように見えましたが、駐車スペースには1台車がとまっています。
先行者がどんな釣りをしているのか確かめにいくことにしました。
この時期多いのがエギングです。
エギンガーなら長期滞在はしないのでポイントに入れる確立が高くなります。

遠くからポイントを見ていると誰もいないように思いましたが、先端に行くと1人竿をしゃくっている人がいます。
エギンガーです。
私:「エギングですか?」
エギンガー:「そうです。」
私「釣れましか?」
エギンガー:「さっき1杯釣れました。」

500g以上はありそうなアオリイカが置いてあります。

私:「デカイですね。すごい。」
エギンガー:「今はよく釣れていますよ。」
私:「ヤエンをするんですがここに入らせてもらってもいいですか。」
エギンガー:「いいですよ。すぐに人が来るかもしれないので早くピトンを打っといたらどうですか。」
私:「そうします。ありがとうございます。」

ここまでの短い会話でなんだか聞いたことのある声と風貌です。
ポイントに着いたのは20時くらいだったので暗くて顔はよく見えません。
それでもなつかしい声で、間違いなく一人の人が思い浮かびました。

それは10年前に白浜単身赴任していた職場のエギング名人のOさんです。

私:おそるおそる「あのー、ひょっとしてOさんですか?」
エギンガー:「そうやけど、誰?」
私:「10年前に○○にいたものです。」
エギンガー:「あー!○○さん!」

それは奇跡的な出会いでした。

Oさんは単身赴任時代によくエギングしていた名人です。
エギングで1kg、2kgアップをとられています。
このタイミングでここでお会いするとは思ってもみませんでした。
感動的な再会でなつかし話しをいろいろとしました。

そんな会話している最中でも「ごめん、釣ってもうた。」と竿を曲げています。
IMAG0749.jpg
500g以上はあるアオリイカを上げました。

ギャフでの取り込みも完璧です。
うますぎます。
このアオリイカを見てスイッチが入ります。
すぐに釣り道具を取りに行って準備しました。

あせって久しぶりに釣りをするときはトラブルがつきものです。
アジバケツのファスナーが壊れてしまいました。
10年前に使っていた道具なのでダメになっていました。
しかしタイミングを逃すと釣れないので、とりあえずアジをつけて放り込んでおきました。

ファスナーを直しながらOさんとなつかしい会話を続けます。
するとOさんが「のってるで」と教えてくれました。
私のリールが「ジー!」と鳴ってラインが出ていました。
久しぶりに聞くいい音です。
ヤエンはリールの「ジー!」を聞くのがたまりません。
5分ほどおいてヤエンを準備します。
しかし、久しぶりのヤエン投入でラインをうまくつかむことができません。
ぎくしゃくしながらなんとかヤエンを投入しました。

ヤエン投入後のやりとりが最高に緊張するときです。
慎重に寄せてきましたが、途中でフッと軽くなってしまいました。
痛恨のバラシです。
ヤエンではよくあることです。
ショックも大きかったですが、久しぶりなのでこんなものかと思いました。

その後、同僚も1杯500gサイズを上げました。
しかし、あたりが続いたのは20時台の時合いだけでした。
その後はほとんどあたりがありません。
同僚の釣果を見て、これは私も上げないととあせります。

ようやく私にきたあたりに緊張が走ります。
今度は同僚にヤエンを入れてもらいます。
途中で何度かの締め込みがあったので、針掛りを確信しました。
慎重に寄せてきて同僚にギャフをかけてもらいますが、なかなかギャフがかかりません。
数回失敗してイカも必至で逃げようとします。
幸い10年前のイカとのやりとりを体が覚えていたので、イカの締め込みをかわすことができました。
何度かの失敗の後、ようやくギャフをかけてくれました。
IMAG0750.jpg
↑ようやくあがってきた400gサイズ、メスですね。

この時期の平均サイズよりも若干小さいですが満足です。
この後、なかなかあたりが続きませんでした。
あたりは単発で、のっているのかどうだかわからないあたりがたまにあるだけです。
さすがに夜勤明けでほぼ不眠で来た私は限界に来ました。

同僚のワゴン車で12時~1時、3時~6時まで仮眠をとりました。
車中で寝るのは疲れます。
当然、熟睡もできずにクタクタです。
あたりがあればいいのですが、ほとんどあたりがありません。

私よりも10歳若い同僚は元気で朝まで一睡もせずにがんばっていました。
この時期には珍しくほぼ無風で寒くなかったのですが、さすがに朝になると冷え込んできました。
夜明け前が一番寒かったです。

IMAG0752.jpg
↑もうすぐ夜明けのポイント

海はきれいです。
朝もほぼ無風で最高のコンディションです。
これで釣れれば最高ですがなかなか釣れません。
仮眠最中に同僚は1回しかあたりがなかったようです。
なかなか厳しいです。
朝からは何度かあたりがありましたがヤエンを入れてものりません。
300g未満のちびイカがアジを食っているようです。

IMAG0751.jpg

昼前には体力が限界で持参のアジ40匹を使い果たしたので納竿としました。
帰り準備をしていると昨日のOさんが見に来てくれました。
「昨日釣ったイカ凍らせてるからもって帰りよ。」と言ってくれました。
Oさんの自宅まで行って昨日の2杯をいただいて帰路に着きました。
白浜在住のOさんがうらやましいです。

帰りには海鮮せんべい南紀でせんべいのお土産を買いました。
最近できたせんべい屋さんでかなりうまいです。
どれも1袋500円です。
全種類の試食ができて試食だけでおなかいっぱいになります。
おすすめです。

仕上げは温泉です。
単身赴任時代によく行っていた弁慶のさと湯
ここのお風呂もいろんな種類があって疲れがぶっ飛びます。

家に着いたのは16時頃でした。
クタクタで19時前には寝ていました。
次は大物が釣れる5月に行きたいですね。




ブラインシュリンプ孵化器ハッチャー24効果抜群
2013-11-13(20:38)(水)

DSC07850.jpg
さて、先日から登場したブラインシュリンプ孵化器ハッチャー24

これが効果抜群でした。
ブラインがかなり孵化しています。
エアポンプの対流でうまく撹拌されているのがポイントです。
10匹ちょっとの稚魚には多すぎます。
なので、今日はセットしなおして卵を少なめにしておきました。

ブラインシュリンプ孵化器ハッチャー24、いい感じです。
稚魚もよく食べています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アピストグラマ・マクマステリレッド稚魚8日目
2013-11-12(21:01)(火)


今日で発見から8日目の稚魚

かなりすばやく泳げるようになっています。
スイスイと泳いでいます。
見た目にも大きくなりました。
ブラインシュリンプを食べるとおなかが黄色くなって大きくなります。
みんな元気そうですが何匹いるかは不明

動画はスマホ撮影なのであまりきれいじゃないです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ブラインシュリンプ孵化器ハッチャー24
2013-11-11(15:09)(月)

DSC07844.jpg
ブラインシュリンプ孵化器ハッチャー24

charmヤフー店で買いました。
なぜがヤフー店だけが1000円でcharm本店では1298円
どの商品も本店のほうが安いのに、これだけは300円近くもヤフー店のほうが安かったです。

IMAG0726.jpg
今まで皿式でブラインをわかしていました。

しかし、この寒さで思うように孵化率が上がりませんでした。
で、上の写真のようにペットボトルでわかしました。
今日はこれでブラインを与えたのですが、charmを見ているとブラインシュリンプ孵化器ハッチャー24を発見しました。

DSC07847.jpg
こんな感じのブラインシュリンプ孵化器ハッチャー24

本当はミニM水槽の中にセットして使おうと思っていました。
しかし、思っていたよりもデカイです。
とてもミニM水槽内にはセットできそうにありません。
大きい飼育ケースが余っていたので、それを使ってセットしました。

DSC07849.jpg
写真では大きさが伝わりません。

大きいので60cm水槽とかにセットしても存在感が大きいと思います。
エアポンプでうまく撹拌されているようです。
これは孵化率が期待できそうです。
結論は明日に…

DSC07842.jpg
昨日に佗び草を追加してからペアのテリトリーが変わりました。

今までメスは親石の下の窪みを住処にしていました。
ことろが左側の佗び草クリプトMIXが気に入ったようで住処を変えました。
稚魚も佗び草クリプトMIXの中で遊んでいます。
佗び草をつついていることもあるので微生物なんかをついばんでいるようです。
ミミズみたいなのも食べていました。
後ろ側に引越ししたことで稚魚の観察がしにくくなりました。
まぁ、ストレスを与えることが少ないのでいいのかもしれません。
オスのほうは水槽の前面によく出てくるようになりました。

うちのペアはうまく住み分けできているようです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



ミニMのレイアウト変更佗び草追加!
2013-11-10(16:41)(日)

今日でアピストグラマ・マクマステリレッドの稚魚は6日目

発見から6日目なので、おそらく孵化後10日くらいかと思われます。

IMAG0713.jpg
稚魚は順調なのですが、ミニMのコケが非常に気になります。

親石にもびっしりとコケ

IMAG0712.jpg
ソイルにも汚泥がたまっています。

IMAG0711.jpg
ウォーターローンも悲惨なことに。

で、今日は思い切って水換え時にソイルの吸出しと追加を行いました。

稚魚のためには過激な水換えは禁でしょうが、今のままでは水槽内のバランスがもっと崩れそうです。
水草をほとんど引っこ抜いたので、飼育水が富栄養状態になっています。
これを解決するには成長の早い水草を投入するしかありません。
そこで、佗び草の出番です。
置くだけなので稚魚にも優しいです。

DSC07834.jpg
↑買ってきた佗び草

有茎草MIXとクリプトMIXです。

IMAG0719.jpg
ひごペットで有茎草MIXだけセール価格でした。(^.^)

しかし、「ADA佗び草1匹999円」って。

DSC07837.jpg
前景の汚泥がたまっていたソイルは吸い出しました。

そして新しいアマゾニアパウダーを追加しました。
アマゾニアはあらかじめよく水洗いしました。
追加投入するときは洗っておかないと濁りがなかなかとれません。
洗って追加しても濁り最悪でした。

前景にはストックしていたウォーターローンとドワーフリシアを追加です。

IMAG0714.jpg
濁りがとれないので、数回水換えをしました。

稚魚はどうでしょうか。

DSC07835.jpg
佗び草も追加して出来上がり

レイアウト重視ではなく、水質安定重視です。
佗び草がなじんでくれば、水景もましになると思います。
稚魚はなんとか無事なようでした。
佗び草クリプトMIXでたわむれていました。

これでなんとかコケ地獄から脱出したいです。

DSC07833.jpg
感動したシーンです。

夜中に水槽をみると、お母さんと一緒にかたまって寝ていました。
本当にかわいいです。
現在、15匹くらい確認できています。


今朝の稚魚の様子です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


アピスト稚魚発見3日目ブライン食べる!
2013-11-07(18:38)(木)

11月5日にアピストグラマ・マクマステリレッドの稚魚を発見してから今日で3日目です。

そういえばアピストの稚魚って孵化何日目くらいで外界に出て泳ぐようになるんでしょうね。
孵化直後はメスにずっと守られているんですよね。
って、勉強不足ばかりです。
産卵後何日で孵化するのかも知りません。

3日目の今日は最初よりもよく泳ぐようになってきたと思います。
少しだけ大きくなったよう?
稚魚がメスのテリトリー外に出ると、メスが口に吸い込んで戻しています。
オスが近づいてくると、メスは体を震わせてけん制しています。
母親強しです。
時にはオスがメスに攻撃されてボロボロにされることもあるようですが、うちのペアは微妙にバランスがとれているようです。
オスがメスの倍くらいは大きいためだと思います。
お互いつつき合うところまではしていません。
昨日まではオスは後ろのほうに隠れていましたが、今日は出てきてエサをねだっていることもあります。

稚魚の数は微妙に減ったように思います。
吸水ストレーナーに吸い込まれていた稚魚もありました。
で、ちょっと対策を…
DSC07830.jpg
スポンジをかぶせておきました。

そして、肝心のエサ、ブラインシュリンプがなかなか孵化しませんでした。
DSC07829.jpg
寒い影響かもしれないのでブラインにもヒーターを投入

しかし、卵が古いのかもしれません。
たぶん、1年以上前のものです。
1年前にはスカーレットジェムにブラインをあげていました。
なので、新しいブラインシュリンプエッグスを近所のアクアショップで買ってきました。

DSC07832.jpg
う~ん、この水景どうしましょうか。

稚魚がいる間はあまり手を入れたくありません。
でもかなりコケてきてます。
きれいに見えるウォーターローンもコケに覆われてきています。
本当はソイルを吸い出して、新しいソイルを入れたいんですが。
とりあえず稚魚の成長を見守りたいと思います。

今日は少ないながらも孵化したブラインシュリンプを稚魚にあげました。

よく食べています。


こちらはおなかいっぱいになった稚魚たちです。

見ていて本当に飽きない稚魚とお母さんです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



アピストグラマ・マクマステリレッドがいつのまにか孵化してた!
2013-11-05(17:46)(火)

ここ最近は車のフィットに全力投球でしたのでアクアのほうはほったらかしでした。(^^ゞ

今朝も久しぶりに水換えをしました。
アピストグラマ・マクマステリレッドのいるミニM水槽もすっかりコケだらけですごいことになっていました。
コケが気になったので水草をほとんど引き抜きました。
おかげでソイル中の汚泥が舞い上がって水槽は真っ黒
ソイルごと汚泥を吸い取りました。
1回の水換えではきれいにならず、短時間で3回水換えをしてようやくきれいになりました。
その後、ウォーターフォール30、めだか鉢、アベニー水槽の水換えをして、取り掛かりから約3時間後にすべてが終了しました。

水換え後はいつもしばらく照明を点けたままにして、水の透明感を確認してから消灯しています。
いつものようにそろそろ消灯しようかとミニM水槽を見たときでした。

ん?

・・・

なんか小さいのがいる。
DSC07814.jpg
!!!

稚魚ではないですか!

メスがいるソイルの上でヒョコヒョコと泳いでいます。
ちょっとびっくりでした。
超ハードな方法で水換えした後に稚魚がいるなんてびっくりです。
産卵しているのも気付きませんでした。
どこで産卵していたのかはわかりません。

DSC07821.jpg
↑ハードな水換えでこんな感じになりました。

左側と後ろ側の水草はすべて引き抜きました。
残しているのはウォーターローンだけといった感じです。
このウォーターローンなかなか強いです。
コケても鮮やかなグリーンでいるのが魅力的です。

中央の親石の下に黒くなっている窪みがあります。
最近、メスがここから顔を出していました。
ひょっとすると親石の下側のスペースで産卵していたのかもしれません。

9月27日にアピストグラマ・マクマステリレッドのペアを購入してから1ヶ月とちょっと
よく孵化までしてくれました。
ちなみにcharmで買いました。

おそらく、ほったらかしにしていたのがよかったのだと思います。
と、前向きに考えております。(^^ゞ
さかなにとって落ち着ける環境を整えることが一番だと思うのですが、飼い主がやる気十分のときはついつい水槽に手を入れてしまいがちになります。
フィットが来てからは、ほとんど水槽に手を入れていませんでした。(^^ゞ
アピストにはよかったんでしょうね。

DSC07822.jpg
↑さっそく皿式ブライン

以前、スカーレットジェムを飼っていたときに皿式ブラインでブラインシュリンプをわかしていました。
これ楽チンです。
寒くなってきたので熱くなるアクアスカイの上にプラケースを置いています。

さて、写真ではよくわからないので、HD動画です。

動画ではありませんが、メスが稚魚を口に入れたとき「食べた!」と思いましたが、安全な場所まで運んで吐き出していました。
なかなか感動的です。
メスはしっかりと稚魚を守ろうとしています。
オスにも威嚇しています。
本当はオスを隔離したほうがいいんでしょうけどね。

DSC07826.jpg
そういえば、最近オスの発色がよくなってきれいでした。

DSC07828.jpg
メスも今までと違い黄金色になっています。

DSC07823.jpg
↑こちらは15cmストック水槽に入れていたウォーターローン

ミニM水槽に引越しさせました。
手入れしやすいようにペットボトルをカットしたものに入れています。

DSC07825.jpg
↑ウォータフェザーとドワーフリシアも投入

ウォータフェザーは地味に伸びています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

とくダネから取材を受けるがボツに
2013-11-01(19:40)(金)

2013年6月12日の記事に「詐欺釣具ショップにやられました」という記事をアップしました。

それがきっかけだったようです。
10月30日に突然、フジテレビのとくダネの担当者からメールが届きました。

私のブログの記事を見られたようで、一度話しを聞きたいというものでした。
半信半疑でしたが、興味があったので記載されていた番号にその日のうちに電話しました。
電話番号は固定電話番号と携帯電話番号が記載されていたので、固定電話にかけました。
ちょっと疑っていました。(^^ゞ
電話すると「フジテレビです」と間違いなくフジテレビでした。(^.^) 

とくダネの担当者とは詐欺にあったきっかけや経過などを話ししました。
で、お約束でしょうか“よろしければカメラで取材させて欲しい。”と言われました。
さすがにカメラでの取材は躊躇しました。
詳細を聞くとカメラでの取材は明日にさせて欲しい、テレビでの放映はあさっての金曜日に予定しているということでした。

ちょっとびっくりしたのが、こんな放送直前まで取材しているということでした。
素人考えでも編集とか大変そうです。
担当者も“夜遅くいつでもかまわないので電話ください”とメールに書かれていました。
テレビ業界のすさまじさが伝わります。
不眠不休なんでしょうね。

で、さすがに翌日のテレビ取材は仕事もあって無理です。
それなら電話取材では、ということになり了承しました。
それにしても和歌山の田舎までテレビ取材に来て、翌日にはテレビ放映とは恐れ入ります。

電話は31日にかけてもらうことになりました。
31日には約束した時間に電話があって“カメラの準備をしています”と言われて取材を受ける実感がちょっと出てきました。
電話でも前日に話した内容と同じことで、経緯などをお話ししました。
私のブログの掲載許可も聞かれたので、一部にボカシを入れるということで了承しておきました。

で、最後に言われていたのが大きな事件があった場合は放映されないこと、場合によっては採用されないこともあることなど説明されていました。

で、今日のとくダネの放映は…
DSC07793.jpg
始まりました。

私のだまされた詐欺釣具ショップも他店舗のHPをそっくりぱくっていました。
ネットショッピングも怖いです。
私の場合は寸前で助かりましたが。

DSC07790.jpg
私もカメラ取材を受けていればこんなよくある画面になっていたんでしょうか。

で、結局は電話取材の内容はまったく放映されませんでした。
おそらくテレビ上の面白みが少なかったのだと思います。(^^ゞ
放映されていた男性のエピソードはなかなかのものでしたから。

しかしまぁ、こんな内容でテレビに出るのも自慢にはなりませんね。
もっと誇れることならいいんでしょうが。
きれいな水景でもできて写される日が来ればいいですが、その可能性は0です。(^^ゞ


プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。