スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオリイカのヤエン釣りIN白浜
2013-11-17(06:38)(日)

昨日、和歌山県白浜までヤエン釣りに行ってきました。

IMAG0747.jpg
寒いときなので防寒着はどっさりと持って行きます。

ヤエン釣りの釣り道具はたいしたことないのに、着るものだけで荷物が多くなります。
しかしこれをしておかないとえらい目にあいます。

IMAG0748.jpg
今回の釣行は職場の同僚と2人で行きます。

運転してくれるので楽チンです。
大潮満月を狙っての釣行です。
昼間では大雨でしたが、午後からは晴天に
昼3時過ぎに出発しました。
着く頃にはきれいな満月で釣果を期待させてくれます。

しかし釣行日の朝まで夜勤でしたので体はクタクタです。
無理をできない年頃になってきました。(^^ゞ
運転しなくていいので助かりました。

さて、高速を下りてからすぐに釣具店に直行です。
ヤエン釣りには生きアジが必要です。
電話で40匹予約しておきました。
古川釣具店は電話で生きアジも予約してくれるので助かりました。
ここの釣具店は10年前、白浜に単身赴任しているときに時々行ってました。

釣具店の駐車場は車でいっぱいでした。
天気がいい大潮、金曜日の夜なので釣り人も多いです。
心配なのは狙いのポイントが空いているかということ。
アオリイカのシーズンになると白浜でも1級ポイントは先行者がいることが多いです。
今日行くポイントは足場のいい白浜の1級ポイントです。
アジを調達してから急いでポイントに向かいました。

ポイントに近づくと誰もいないように見えましたが、駐車スペースには1台車がとまっています。
先行者がどんな釣りをしているのか確かめにいくことにしました。
この時期多いのがエギングです。
エギンガーなら長期滞在はしないのでポイントに入れる確立が高くなります。

遠くからポイントを見ていると誰もいないように思いましたが、先端に行くと1人竿をしゃくっている人がいます。
エギンガーです。
私:「エギングですか?」
エギンガー:「そうです。」
私「釣れましか?」
エギンガー:「さっき1杯釣れました。」

500g以上はありそうなアオリイカが置いてあります。

私:「デカイですね。すごい。」
エギンガー:「今はよく釣れていますよ。」
私:「ヤエンをするんですがここに入らせてもらってもいいですか。」
エギンガー:「いいですよ。すぐに人が来るかもしれないので早くピトンを打っといたらどうですか。」
私:「そうします。ありがとうございます。」

ここまでの短い会話でなんだか聞いたことのある声と風貌です。
ポイントに着いたのは20時くらいだったので暗くて顔はよく見えません。
それでもなつかしい声で、間違いなく一人の人が思い浮かびました。

それは10年前に白浜単身赴任していた職場のエギング名人のOさんです。

私:おそるおそる「あのー、ひょっとしてOさんですか?」
エギンガー:「そうやけど、誰?」
私:「10年前に○○にいたものです。」
エギンガー:「あー!○○さん!」

それは奇跡的な出会いでした。

Oさんは単身赴任時代によくエギングしていた名人です。
エギングで1kg、2kgアップをとられています。
このタイミングでここでお会いするとは思ってもみませんでした。
感動的な再会でなつかし話しをいろいろとしました。

そんな会話している最中でも「ごめん、釣ってもうた。」と竿を曲げています。
IMAG0749.jpg
500g以上はあるアオリイカを上げました。

ギャフでの取り込みも完璧です。
うますぎます。
このアオリイカを見てスイッチが入ります。
すぐに釣り道具を取りに行って準備しました。

あせって久しぶりに釣りをするときはトラブルがつきものです。
アジバケツのファスナーが壊れてしまいました。
10年前に使っていた道具なのでダメになっていました。
しかしタイミングを逃すと釣れないので、とりあえずアジをつけて放り込んでおきました。

ファスナーを直しながらOさんとなつかしい会話を続けます。
するとOさんが「のってるで」と教えてくれました。
私のリールが「ジー!」と鳴ってラインが出ていました。
久しぶりに聞くいい音です。
ヤエンはリールの「ジー!」を聞くのがたまりません。
5分ほどおいてヤエンを準備します。
しかし、久しぶりのヤエン投入でラインをうまくつかむことができません。
ぎくしゃくしながらなんとかヤエンを投入しました。

ヤエン投入後のやりとりが最高に緊張するときです。
慎重に寄せてきましたが、途中でフッと軽くなってしまいました。
痛恨のバラシです。
ヤエンではよくあることです。
ショックも大きかったですが、久しぶりなのでこんなものかと思いました。

その後、同僚も1杯500gサイズを上げました。
しかし、あたりが続いたのは20時台の時合いだけでした。
その後はほとんどあたりがありません。
同僚の釣果を見て、これは私も上げないととあせります。

ようやく私にきたあたりに緊張が走ります。
今度は同僚にヤエンを入れてもらいます。
途中で何度かの締め込みがあったので、針掛りを確信しました。
慎重に寄せてきて同僚にギャフをかけてもらいますが、なかなかギャフがかかりません。
数回失敗してイカも必至で逃げようとします。
幸い10年前のイカとのやりとりを体が覚えていたので、イカの締め込みをかわすことができました。
何度かの失敗の後、ようやくギャフをかけてくれました。
IMAG0750.jpg
↑ようやくあがってきた400gサイズ、メスですね。

この時期の平均サイズよりも若干小さいですが満足です。
この後、なかなかあたりが続きませんでした。
あたりは単発で、のっているのかどうだかわからないあたりがたまにあるだけです。
さすがに夜勤明けでほぼ不眠で来た私は限界に来ました。

同僚のワゴン車で12時~1時、3時~6時まで仮眠をとりました。
車中で寝るのは疲れます。
当然、熟睡もできずにクタクタです。
あたりがあればいいのですが、ほとんどあたりがありません。

私よりも10歳若い同僚は元気で朝まで一睡もせずにがんばっていました。
この時期には珍しくほぼ無風で寒くなかったのですが、さすがに朝になると冷え込んできました。
夜明け前が一番寒かったです。

IMAG0752.jpg
↑もうすぐ夜明けのポイント

海はきれいです。
朝もほぼ無風で最高のコンディションです。
これで釣れれば最高ですがなかなか釣れません。
仮眠最中に同僚は1回しかあたりがなかったようです。
なかなか厳しいです。
朝からは何度かあたりがありましたがヤエンを入れてものりません。
300g未満のちびイカがアジを食っているようです。

IMAG0751.jpg

昼前には体力が限界で持参のアジ40匹を使い果たしたので納竿としました。
帰り準備をしていると昨日のOさんが見に来てくれました。
「昨日釣ったイカ凍らせてるからもって帰りよ。」と言ってくれました。
Oさんの自宅まで行って昨日の2杯をいただいて帰路に着きました。
白浜在住のOさんがうらやましいです。

帰りには海鮮せんべい南紀でせんべいのお土産を買いました。
最近できたせんべい屋さんでかなりうまいです。
どれも1袋500円です。
全種類の試食ができて試食だけでおなかいっぱいになります。
おすすめです。

仕上げは温泉です。
単身赴任時代によく行っていた弁慶のさと湯
ここのお風呂もいろんな種類があって疲れがぶっ飛びます。

家に着いたのは16時頃でした。
クタクタで19時前には寝ていました。
次は大物が釣れる5月に行きたいですね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。