スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然海水「高知黒潮天然海水」
2014-04-05(00:01)(土)

今日は天然海水についてちょっと

クロスミニの立ち上げ時には天然海水とろ過細菌付サンゴ砂を使いました。
これのおかげで立ち上げが早く安定したのだと思っています。

最初の天然海水は海水館で買ったものです。

海水館の天然海水の水質は・・・
 比重:1.021(テトラハイドロメーター比重計・水温22~24℃)
 硝酸塩・亜硝酸塩:試薬上0ppm、カルシウム値:350~400ppm
 カリウム:458ppm(レッドシー) マグネシウム:約1400ppm(レッドシー)
 KH値が5~6のためKH上昇材を添加し8~10程度に上昇させております。
(海水館のHPより抜粋)

ここの天然海水は1リットル50円での量り売りです。
これは小型のクロスミニでは非常にありがたい販売形式です。
だいたいどこの天然海水も20リットルでの販売です。
あまり保存できないといわれている天然海水なので20リットルもあると使うのに時間がかかります。
海水館は送料も非常に安いのでお得です。
和歌山県まででも20リットル送料込みで1500円で買うことができます。
おそらく最安値だと思っていました。
もうひとつの天然海水に出会うまでは。

昨日、なにげに天然海水を探していて見つけました。
最安値に近い天然海水を

それはアクアラグナの高知黒潮天然海水

ここの天然海水は1ケース22~23リットルで1580円(梱包料・送料込み)
ここも非常に安いです。

高知黒潮天然海水の特徴は・・・
黒潮
足摺岬沿岸より数十キロ沖の純黒潮からの採水
溜置きは致しません(1~2日以内で余った分は廃棄)
ほぼ毎日沖合へ出るので帰り際、採水しております
ゆえに常に新鮮です
(高知黒潮天然海水HPから抜粋)

高知黒潮天然海水が魅力的なのは数十キロ沖合いから採水しているということです。
陸から数メートルから数十メートルの表層から採水された場合は、水が傷む元になるタンパク源・その他不純物が豊富すぎるようです(HPより抜粋)。
なので殺菌もされていません。

その理由として・・・
黒潮の海水は限りなく清浄なため数日~1週間、常温で何もしないで置いておいても傷んだりしません
(※ストック場所の環境によります)
採水後、完全に封をしたまま日陰常温にて半月以上放置したものを幾度となく水質チェック及び店内の生体が入っているサンゴ水槽・魚水槽へ使用し確認致しました
実験的に最長一ヶ月、密封ストックしたものも検査してみても問題無しでしたが
目安的には一週間前後で使い切って頂くほうが無難です
(HPより抜粋)

さて、天然海水を使うメリットがクロスミニでどれだけあるのか、ということが重要です。
いろんな要素があると思いますが、見た目にサンゴがどれだけ調子よくなるのか、ということもポイントだと思います。
近々届く予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

研究所?

こんばんは。

次は天然海水にチャレンジですね。
ゆうきさんのクロスミニはまるで実験水槽ですね。
次から次へと新しいことに取り組むなんて、まるで研究者です。
凄いですね!

自分は基本 ずっと伊豆大島のニチアクさんが販売している「島の天然海水」を使用しています。
ニチアクさんの天然海水は少し割高ですが、しっかりとした品質管理で保証期間が2ヶ月だから、たとえ水換えのスパンが長くなっても使い切ることが出来るからです。

ツツウミヅタが調子を崩した原因がNEW茶ごけしらずの可能性があるかもしれないとのことで、お勧めした責任を感じています。
自分もツツウミヅタを本日チャームさんに発注したので、NEW茶ごけしらずを使用して様子を見たいと思います。

それから今日、エキゾチック アフリカさんへ行ってきたので、ゆうきさんが紹介したMicMol Aqua mini を見てきました。
それで感想ですが、デザインは洗練されてカッコ良いのですが、ノーマルモデル・カラーモデル両方とも少し暗い感じでした。
自分の次なる野望として、クロスミニで照明はMicMol Aqua mini でミドリイシを飼育しようと思っているのですが、普通のLEDの方が見栄え的にも良さそうです。

Re: 研究所?

こんにちは。

研究者なんてことはありませんが、新しいことには飛びついてしまいます。(^^ゞ

最初は「島の天然海水」を考えていましたが値段に負けてしまいました。
ニチアクのは長期保存が可能というのが魅力的です。

ツツウミヅタの調子悪化は原因が特定できていません。
以前から若干、調子がよくなかったのでタイミングの問題かもしれません。
茶ゴケしらずが原因だとしてもくらやんさんのせいではありませんよ。(^_^)
使うのは使用者の責任ですからまったく気にしていません。
こういったことも経験のひとつとして次に生かすことが大切だと思っています。
こんなことも経験しながらステップアップできるのが海水魚の醍醐味でしょうね。

MicMol Aqua mini見てこられましたか!
う~ん、ちょっと暗いですか。
W数からすると明るいと思っていました。
なかなかアフリカに行く機会がないのでレポート助かりました!
プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。