スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツツウミヅタ復活は厳しい
2014-04-05(21:18)(土)

DSC_0040.jpg
今日、仕事から帰ってクロスミニをみて愕然

ジョー君の仕業です。
すっかりサンゴ砂で埋もれています。
砂かけ攻撃にやられています。
こんな状態では厳しいです。
とりあえず今日も換水4リットル
サンゴ砂も吹き飛ばしておきました。

DSC_0041.jpg
水換え後

なかなか厳しそうです。
後ろ側のハナガササンゴは大丈夫です。
ハナガササンゴが復調したということは、ツツウミヅタの調子そのものが下降気味だったのかもしれません。
きっかけは添加剤等かもしれませんが衰退気味だったのでしょう。

火曜日には天然海水「高知黒潮天然海水」が届くのでそれまではがんばってほしいです。
あとは天然海水に期待するしかありません。

ちなみに今日のカルシウムは430~435ppmくらいでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

原因究明

ジョーフィッシュに駄目押しを食らいましたね!
かなりの瀕死状態みたいですね。
心配です。

私なりの推測ですが、過去の画像や動画をじっくり見たところ衰弱した主な原因はデバスズメではないかと思われます。
ツツウミヅタ導入直後の画像はポリプ全開ですが、その後、デバスズメの尾ビレや腹ビレがポリプに触れ、半開や完全に閉じてしまう現象が見られたからです。

クロスミニ33日目の動画では、右側のデバ付近のポリプが半開き状態になっている。(この頃はまだ影響は小)

クロスミニ44日目の動画では、同じく右側のデバ付近のポリプが半開もしくは、完全に閉じているポリプがある。(影響が出始めている)

クロスミニ55日目の動画では、半開き状態のポリプが増えている。
それと、チガイウミアザミの昼間パクパクしないのは、デバやすぐそばにいるジョーが触れているからでは?

.イエローヘッドジョーフィッシュ寝る準備 の動画では、かなり閉じているポリプがある。
それと、チガイウミアザミも元気がなさそうに見える。

AQUOSphoneでクロスミニの動画では、ツツウミヅタが右に傾いているようにみえる。(ジョーの仕業。それともランドールピストルの巣穴で、真ん中の底砂が盛り上がり傾いた)

全体的に見て、デバ達がツツウミヅタのそばにいる時間が長く見受けられる。
したがって、ストレスでだんだんとポリプの開きが悪くなり衰退したのではないかと思われる。

自分のクロスミニでも、最初に導入したマメスナはスカンクシュリンプに長時間ポリプの上に乗られて開きが悪くなり結局駄目になりました。
その後も、チェルブが同じ場所を頻繁に行ったり来たり激しく泳ぎまわり、その道線上にいたマメスナやウミキノコのポリプにヒレが当たり接触した部分が開かなくなった。
その為、急遽スカンクとチェルブは別水槽に移した。
同様に、パーリーの胸ビレが振れていたマメスナもポリプが一部開かなくなり、こちらは、マメスナを移動させた。

今では、ほぼ全てのサンゴが順調です。

遊泳スペースが狭いクロスミニという極小の水槽では、遊泳力の強い魚を入れると頻繁に接触事故が起き、やがて触れられたサンゴはストレスをかかえて、徐々に悪くなるのではないかと思うので、あまり泳ぎ回らない小さな魚を選択したほうが、うまく行く確立がUPするのでは。(今度入れようと思う魚は極小のオヨギイソハゼ)

後、デバ達の動線が後ろの方に移動していませんか?
移動していたら、次はハナガサが危険かも。
それと、ウミキノコも気になる存在です。
ツツウミヅタは隔離ケースに入れてはどうでしょうか。
開かなくなったポリプを突かれないためにも。(最近購入したマメスナガ瀕死の状態で届いたので、クロスミニには入れずに、45cm水槽に入れたのですが、閉じているポリプをチャイロヤッコやナンヨウハギが突いているのを目撃したので)

最後に、ツツウミヅタの回復を祈っています。

Re: 原因究明

くらやんさん、こんにちは。

くらやんさんの考察恐れ入りました。
全体をつかみにくい動画だけでこれだけ原因を考えられるのは、くらやんさんこそ研究者のような観察力だと思います。

しかし、今回もいろいろなことを教えていただきました。
狭い水槽でのさかなの遊泳スペースは考慮していませんでした。
デバスズメは泳ぎ方がすばやいです。
なので言われているように、サンゴに接触する機会が多いと思われます。
サンゴへのストレスも大きいのでしょう。
こんな大事なこと最初からわかっていれば・・・
小型水槽への生体の導入はいろんなことを知って考えないとダメですね。
まだまだ浅いです。

デバスズメは隔離したいところですが、別水槽がないのと、ライブロックの隙間に隠れてしまうので掬いだすことが困難です。
ツツウミヅタの隔離は思いつきませんでした。
何か方法を考えてみようと思います。

本当にありがとうございました。

ところで、くらやんさんが使われている島の天然海水の使用感はいかがでしょうか。
島の天然海水もかなりよさげで気になります。

No title

ゆうきさん こんにちは。

何かあった時だけとことん観察力がアップします。
なので、その時は精神的に非常に疲れます。
普段は大雑把な人間なんで、飼育もほったらかすことしばしばあり。
現に、45cm水槽は3ヶ月位前に5Lの水換えしたままほったらかし状態です。
いつもこんな感じの水換えスパンです。ある意味、硝酸塩豊富なナチュラルシステムが完成しています。(笑)
でも、魚やサンゴは元気です。

でも、クロスミニの方の水換は楽なので、ちゃんと定期的に行っています。(1週間に2L。添加剤の補給は無し、水換え時に十分補給されるから。但し、毎日NO3:PO4-X 0.2ml添加と茶ごけしらず1mlをたまに添加しています。それと効果があるかわからないけど、還元筒も設置しています。)

前置きが長くなってすみませんでした。
ご質問の島の天然海水の使用感です。(細かいデータはホームページで調べられてると思うので割愛させてもらいます)

2ヶ月の品質保証期間内はもちろんのこと、期間が過ぎても使用したことがありましたが、それが原因で生体に異常が出たことは一度もなかったです。
なので、一時期安さを求めて浮気をしたことはありましたが、高い品質管理による安心感が他社とは比較にならないので、今では無事元のさやにおさまりました。(他社との料金が 500円前後高くても自分的には、長期間使用出来ることを考えれば、決して高くはないと思っています)

追伸

ゆうきさんにも色々な事情あると思いますが、今後サンゴの不調を防止する上でも出来る限り、別水槽に移動されることを願います。
自分もチェルブやスカンクを移すとき、泣く泣くライブロックを崩しましたし、ジョーフィッシュに気を使う必要もありません。
たとえ巣穴が崩され生き埋め状態になっても、彼らは自力で復活します。(一度水槽になれた個体なら多少巣穴が壊れても大丈夫です)現に我家のジョーは、巣穴を何度も壊されても、次の日には何事も無かったかの如く復活していました。
それよりも問題は、新たな水槽の設置場所の確保と海水水槽2台を維持して行けるかどうかですよね。

という訳で、自分なりに何かお手伝いが出来きないかと考えたところ・・・。

良ければですが、使わなくなった60cmフチ無しガラス水槽 または、40cmフチ有りガラス水槽のどちらかを無償で差し上げます。
(底面フィルター、ポンプ、LED照明、サンゴ砂等一式 但し、尼崎まで取りに来てね)
後、上下で2台水槽が設置できる60cmスチールラックもお付けするので、工夫すれば設置場所を稼げるかも!

どの商品も多少汚れはありますが、まだ新しいので普通に使えますよ。
もし貰って頂けるのなら、処分に困っていたのでこちらとしても有難いのですが。

一度検討してみてください。

Re: No title

クロスミニの構成はうちのとほとんど同じような感じですね。
水換えも普段は1回に2リットルだけです。
非常にお手軽に換水できるのがクロスミニのメリットですね。

島の天然海水の品質管理はHPを見てそのすごさがよくわかります。
しまてんプレミアムなんて理想的な数値に調整されておりよさげです。
次の機会にはぜひ試してみたいですね。
こちらは送料も安いので他の天然海水とくらべても数百円しか変わりません。
品質管理の安心感があればお買い得な天然海水ですね。

>自分なりに何かお手伝いが出来きないかと考えたところ。
本当にありがとうございます。
くらやんさんの人柄が伝わってきます。
本当は別水槽に移すことができるといいんですが。
狭い我が家では水槽の置き場が非常に限られています。
昨年は淡水水槽を1本たたんだところです。
なのでうちにも40cm水槽から小型水槽にいたるまでのストックがあります。
水槽ラックに関しても倉庫に眠っております。
問題はそれを置く場所と管理方法です。
これからの季節は水槽の冷却方法についても考える必要があります。
やるなら淡水水槽をまた1本たたんでから海水水槽を1本追加する、くらいでないとできそうにありません。(T_T)
自分の力量と時間的余裕を考えると現状の水槽本数が限界のようです。(^^ゞ
プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。