スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアキュート220開始!
2014-04-25(21:35)(金)

今日、いよいよアクアキュート220を始動しました。

今日の記事は長編です。
DSC_0105.jpg
開始は2時前

さて、何時に終わるでしょうか。
昨日からすでに下準備はしておきました。

DSC_0100.jpg
お昼前にピンポーンと届きました。

アクアキュート220です。
ここで通販しました。
アクアキュートの最安値ショップでしたが、ショップに在庫はなくメーカーから直送されてきました。

DSC_0101.jpg
箱の高さにちょっとびっくりしましたが、かさ高くなっていましたから。

DSC_0103.jpg
付属のポンプはRio+180でした。

これは使いません。
今、クロスミニに使っているエーハイムコンパクトポンプ600をそのまま使います。

DSC_0102.jpg
アクアキュート220にはマットも付属していました。

マットといってもペラペラの薄々です。
で、このときに気づきました。
クロスミニはメタルラックに置いていました。
今度のアクアキュート220はガラス製です。
なのでメタルラックにそのまま置くのはちょっと怖いです。
きちんと板を敷いて、その上に置く必要があります。
で、あわてて板を切りました。

DSC_0110.jpg
こんな感じで板を置いて、その上にマットを敷きました。

DSC_0104.jpg
さて、次はサンゴや魚を一時収容しておく水槽つくりです。

あまっていた小型水槽を使います。

DSC_0107.jpg
これが最後の見納めです。

クロスミニ、今日までありがとう。(^_^)

DSC_0109.jpg
さかなとサンゴ、ライブロックを小型水槽に移しました。

ここまでは楽チンです。
ここからが面倒になってきます。

DSC_0108.jpg
クロスミニの濾過槽はまったく掃除できませんでした。

なので汚泥がたっぷりです。
でもいやなにおいはしません。

DSC_0117.jpg
コケがたっぷりできれいになりませんでした。

これは再起不能です。

DSC_0106.jpg
ここからはアクアキュート220の準備です。

まずはきれいに水洗いです。
今日は天気がよくて暑いくらいでした。

DSC_0111.jpg
濾過槽のセッティング

なんてことはないところですが、ヒーターがきちきちで入りにくかったです。
GEXのICオートヒーターDS150を使っています。
これがエーハイムコンパクトポンプと干渉してきちきちでした。

しかし、これでエーハイムコンパクトポンプの流量調整がかんたんにできます。
濾過槽にかんたんに手を入れることができるのがクロスミニとは大違いです。

DSC_0112.jpg
ろ材にはクロスミニのをそのまま使います。

濾過槽が大きくなっているのでスペースに余裕があります。
なので先日charmで購入したライブロッククラッシュサイズのあまりを入れておきました。

ウールマットの交換も余裕ですね。
普通のオーバーフロー水槽なら当たり前ですが、クロスミニではできませんでしたから。

DSC_0113.jpg
これがアクアキュート220の目玉商品?かさねらレールです。

このパーツのおかげで水槽をかさねて置くことができます。
ナイスな商品です。

ちょっと疲れましたのでアクアキュート220の開始編はここまで。

続きはまた後ほど・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。