スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローヘッドジョーフィッシュ♂の行方?
2014-04-26(07:03)(土)

先日にアクアキュート220を立ち上げてからクタクタですぐに寝ていました。

でも、後ろのすみに行ってしまったイエローヘッドジョーフィッシュのオスのことが気になり、朝の4時くらいには水槽を見に行きました。
暗闇でライトを照らすとまだ同じところにいました。
ただ、穴を掘り進めているようで底床を積み上げつつありました。
早朝からもう一度水槽を見に行くと後ろの隅っこにはオスがいません。
DSC_0137.jpg
↑これは水槽の右後ろ側を鏡で映したものです。

わかりにくいですが、ライブロックの下のほうにまで穴があります。
どれくらいの深さかわかりません。
そこにオスが潜んでいるのかいないのか?
メスといっしょのおうちに入ったのか?
ちょっと行方不明です。
ふたは完璧なので飛び出しはありません。

メスは最初からうまくおうちに入ってくれました。
昨日のレイアウトで作ったおうちは外側とはライブロックが隔壁になっていてつながりません。
なのでいくらオスががんばって掘り進めてもメスに出会える可能性が低いのです。
わずかな隙間からつながってくれるといいのですが。
さいわい、オスは巣穴掘りがうまいです。
メスがおうちに入ってくれていなかったら本当にあせっていました。
オスの巣穴作りでメスに出会えることを期待するしかありません。

クロスミニのときもそうでしたが、人が思っているようにおうち作りはなかなかしてくれません。
最初は積み上げたサンゴ砂を吸い出したりして人工的におうちを整えていましたが、結局は手を出さないほうが安心してうまくおうちを完成させていました。
今回もクロスミニでの反省と経験を生かして、このまま様子見しようと思います。
(本当は早朝からいったんバケツをもってサンゴもサンゴ砂も取り出してオスを救出しようとしていました)

DSC_0136.jpg
メスがサンゴ砂をせっせと積み上げて入り口を塞ごうとしていました。

これを見ているとこのおうちにはオスがいないような気がします。
おうち作りは基本的にはオスのほうが積極的に行いますから。
メス1匹だけなのでメスが自分で作っていると思われます。

う~ん、気長に待つしかないですね。

DSC_0132.jpg
底床の間に隙間ができていました。

こちらはランドールズピストルシュリンプが巣穴を掘っていました。

昨日の記事には書き忘れていましたが、ネジリンボーが行方不明になってしまいました。
水槽引越し時にランドールズピストルシュリンプとネジリンボーが埋もれてしまい行方不明になることを恐れていました。
クロスミニから底床のサンゴ砂を取り出すときにランドールズピストルシュリンプは見つけることができました。
でもネジリンボーはいませんでした。
ライブロックの隙間にでも潜んでいてくれることを期待しています。
ネジリンボーもいれば必ずランドールズピストルシュリンプと出会って共生してくれるはずです。

ネジリンボーとイエローヘッドジョーフィッシュオスの行方が気になるところです。

DSC_0134.jpg
サンゴのほうはトサカが縮んだままです。

きっと水流の加減かと思います。
ツツウミヅタも復活は厳しそうです。
根元が縮んでちぎれているところもありました。

DSC_0133.jpg
驚きなのはライブロックの状態

クロスミニでは底床のサンゴ砂に埋もれているところがほとんどでした。
それでもきれいな石灰藻を維持しています。
今回はきれいなところをできるだけ上に向けてレイアウトしています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。