スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクトフードSP培養2日目
2014-05-20(20:01)(火)

DSC_0255.jpg
今日で培養2日目のバクトフードSP

白い粉はほぼ沈殿しています。
今日からの日課の撹拌作業をしておきました。
バクテリアの分解を阻害するバクテリアフィルムを取り除くのが目的のようです。

で、気になるNO3:PO4-Xについてですが、購入先のアクアランドに問い合わせして回答がありました。
以下は回答の一部抜粋です。

「NO3.PO4-Xとの併用も良いですが、この商品はみりんみたいな物でバクテリアのエサとしての役割ですので私の持論ではここまでが現在の化学の限界だと思います。
*何れ無駄な栄養分となり早めの水換えが必要となります。
*その無駄な栄養分を極限まで押さえたのがバクトフードSPの神髄とも言えます。」

う~ん、はやりバクトフードSPの単独使用のほうがよさそうですね。
で、今日は硝酸塩測定をしておきました。

本日の硝酸塩値4ppm、リン酸塩値0.16ppm

微妙な値ですがいつもと変わりありませんね。

なので培養が完了するまではNO3:PO4-Xを添加しようと思います。

で、バクトフードSP添加開始日からは添加をやめてみます。

DSC_0256.jpg
ちょっと気になるのはコエダナガレハナサンゴとディスクコーラルの開きがやや悪いこと

スターポリプもまたもやツルツル状態になってしまいました。
ハナガサやアワサンゴ、トサカは元気なんですが。

原因は・・・
ハナサンゴのミニが調子を崩したことと思われます。
ハナサンゴが縮んでしまったので水槽からは取り出しました。
この影響で水質の変化があったのでしょう。
リン酸塩は上昇していませんが、数値に表れない影響があるんだと思います。
今日は緊急で4リットルの水換えをしておきました。
以前から調子のよくなかったツツウミヅタも水槽から取り出しておきました。

一進一退なところが奥深いところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

疑問ですね

毎度です。

コエダナガレハナサンゴとディスクコーラル心配ですね。
サンゴが溶けると海水を汚すと一般に言われているけど、そもそも汚れるとはどういうことなんでしょうね。
水質はそんなに悪くないのに。
得体のしれない毒素でも出ているのかな?

我家のコエダナガレハナサンゴも調子を崩し45cm水槽へ。
そして、ナガレハナイエローが駄目になり、続いて一番元気だったナガレハナグリーンやアワサンゴまでもが調子を崩したので、アクアキュート250へ移しました。

そのかわり、ポリプの開きが50%になっていたマメスナの一つが90%まで回復しました。
後、ツツウミズタはすこぶる元気でポリプ増殖中です。

Re: 疑問ですね

そうなんですよね。

一口に水質悪化といっても数値に表されるだけの問題ではないように感じます。
私が思うにアクアという世界はまだまだ科学的に解明されていない点が多いと思います。
なのでもっといろんなことの根拠が明確になればいいのにと思います。
誰がやるのかは、やはりアクア企業、業界の人たちではないでしょうか。

超小型の同じ水槽の中でも調子を崩すものと、絶好調のものがあるというのも不思議です。
もちろん種類の違いがあり水質の適合性が違うのもわかりますが。

うちもなんとかスターポリプの機嫌が直ってくれるといいのですが。
プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。