スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルビーレッドドラゴネット・オス&ヒレナガネジリンボー
2014-05-22(17:22)(木)

DSC_0262.jpg
charmから

この時期、まだカイロが入っていました。
昼間は暑くなりますが、夜はまだ冷えていますからね。
この時期は特に午前中受け取りが基本でしょう。

DSC_0263.jpg
ヒレナガネジリンボー、ルビーレッドドラゴネット・オス、アベニーパファー

以上3点

DSC_0264.jpg
ルビーレッドドラゴネット・オス

5/2にルビーレッドドラゴネット・メスを買っていました。
しかし・・・
数日後に干物になってしまいました。(T_T)
ほんのわずかな隙間でも飛び出していました。

今回は万全にふたの対策を
DSC_0268.jpg
後ろは三角定規で覆いました。

これで隙間はありません。
DSC_0267.jpg
このオスは見事な発色です。

以前のメスよりもかなりきれいです。
水槽になじむともっときれいになるでしょうか。

ネジリンボー投入時に面白い現象がありました。

ランドールズピストルシュリンプが巣穴を掘っているので、そこへネジリンボーを誘い込もうと考えました。
水合わせ後にネジリンボーを小さな容器に入れて、巣穴の真上で放しました。
が、ネジリンボーは思惑通りには巣穴に入ってくれず、ライブロックの隙間に隠れてしました。
なんとかランドールズピストルシュリンプと一緒に入ってほしくてピンセットで追い出そうとしました。
と、そのときです。
ランドールズピストルシュリンプがなにやら気配を察知して巣穴から出てきました。
警戒心の強いランドールズピストルシュリンプが巣穴から出てくることなんてほとんどありません。
ましてやピンセット、人の手を水槽に入れているので警戒しているはずです。
それでも巣穴から顔を出してきたのです。

次の瞬間・・・

パチン!

得意のハサミを鳴らしました。

すると驚いたことにネジリンボーがランドールのいる巣穴の方へあわてて行き巣穴に入って行きました。

どう見てもランドールズピストルシュリンプがネジリンボーを迎えにいった光景でした。
私の思い込みかもしれませんが、ランドールはネジリンボーの気配をすぐに察知していたようです。

深い、自然は深すぎます。
ちょっと感動ものでした。

DSC_0269.jpg
アベニーパファーも2匹迎え入れました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。