スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクトフードSP・DAY13セカンドステージ
2014-06-09(16:53)(月)

バクトフードSP添加後13日目、1週間と5日が経過しました。
DSC_0373.jpg
いつもの還元筒ミニ排水の硝酸塩7ppmくらい?

DSC_0374.jpg
水槽飼育水の硝酸塩5ppm


まったく変化ありません。
そこで以前から計画していたことを実行しました。
バクトフードSPのセカンドステージです。
DSC_0372.jpg
セカンドステージに必要なもの、100均のプラボックス


DSC_0375.jpg
サンゴ砂のパウダーサンド

charmで買ったのですが商品代よりも送料のほうが高いという田舎の悲しい現状です。
近くにパウダーサンドなんて売っていません。(T_T)
charmで他に買いたいものがなく(金欠で買えるものがなく)送料無料にはできませんでした。(^^ゞ

DSC_0376.jpg
よく洗ったパウダーサンドをプラケースに入れます。

DSC_0378.jpg
それを濾過槽に沈めました。

DSC_0377.jpg
こんな感じです。

DSC_0380.jpg
濾過槽のろ材(サンゴ砂)はほとんど取り出しました。

写真に写っている、ちょっとの量だけ残しました。

DSC_0379.jpg
フローパイプの流出口にはペットボトルでウールボックスを作成しました。

これで気泡が出にくくパウダーサンゴにも影響が少ないです。

好気バクテリアの住処をなくして嫌気バクテリアの住処を与えたことになります。
バクトフードSP培養液を添加しても硝酸塩が下がらない原因はただひとつです。
それは嫌気バクテリアの住処が少ないからです。
うちのアクアキュート220はイエローヘッドジョーフィッシュのために水槽底床のサンゴ砂が分厚くなっています。
巣穴があって底床の通水性がいいため、底床でも嫌気域になっていないのだと思われます。
好気バクテリアの活動性が嫌気バクテリアの活動性を上回っているため硝酸塩が下がらない状況になっています。
対策としては嫌気バクテリアの住処を与えることだけです。
嫌気域となるパウダーサンゴ域を増やせばいい話になります。
アクアキュート220の底床にはパウダーサンゴ砂を入れることができないので濾過槽に入れることにしました。
濾過槽も通水性がいいのと、落水によるエアレーション効果で嫌気バクテリアがどれだけ活動できるかがわかりません。
しかし、この方法でやっていこうと思います。
パウダーサンゴ砂の量が少ないかもしれません。
これからの硝酸塩値の変化をみて増やすことも考えています。

今日はパウダーサンゴ砂の中にバクトフードSP0.1mlを注入しておきました。
明日からの硝酸塩の変化が楽しみです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何もいじらずに添加し続けていくのが結局一番早いんですけどね
せっかく始まりかけてた珊瑚が・・・

Re: No title

急がば回れ、でしょうか。
でも待てませんでした。

No title

まぁ経験上こいつのバクテリアが一番多く住み着くのは底床っぽいんでそっちをいじっていなければ大丈夫かなぁ
プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。