スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイキングST-44到着
2013-06-14(18:40)(金)

2013年6月14日(金)

アクアねたではありません。
来週に釣りに行けると思うと、気分はすっかり釣りモードです。
なにせ最近は、釣りは1年に1,2回くらいしか行けてませんから。

先日の詐欺釣具屋事件後、メジャーな釣具中古品店で通販しました。

DSC07334.jpg
右側のが今日届いたダイワのバイキングST-44(旧モデル)

左側のが故障中のバイキング筏44(新モデル)です。

思ったよりも美品で替えスプールも2個付いていました。
これで2300円くらいでしたのでちょーお得感があります。
タックルベリーありがとう。

DSC07335.jpg
バイキングのスプールは改造してあります。

バイキングにはハイモデルのバイキング極パワーバージョンというのがあります。
スプールに穴が開いていて滑り止めになっています。
筏用のリールは指でブレーキをかける仕組みになっています。
めったにありませんが大物がかかるとスプールが滑ってしまいます。
ボラがかかったりすると指が摩擦でやけどすることもあります。実際に経験しました。
で、スプールに電動ドリルで穴を開けました。
これが大正解で、ボラがかかっても滑ることなく余裕でやりとりできます。
見た目は×ですが機能性重視です。

バイキングのスプールは新旧かかわらずスプールは流用できます。
これもありがたいところです。
おまけに左巻き、右巻きの切り替えもすぐにできます。
私は左利きなのでこの便利さも助かります。

DSC07337.jpg
筏用の竿です。

一番下のが、がまかつのがまちぬかせいかだスペシャルⅡです。
バイキングST-44のブラックが似合っています。
これをずっと使っています。
バイキングとともに筏釣りの必需品です。
これらの道具は釣り師匠のおすすめでした。

上の3本は自作の釣竿です。
これも師匠に教えてもらって釣竿を自作していました。
自分でもなかなかの出来栄えだと思っていたのですが、穂先の仕上げが非常に難しいです。
何本も作っても使えるのは1本だけという感じでした。
今はもうとても作れません。

DSC07340.jpg
ラインも新しいのに巻き直しです。

いつもは1.25号のラインですが、今回は1.5号を使います。
これでも太いと思っています。
1.25号でも十分にやりとりできます。

DSC07341.jpg
目標はこれを超えること

H16年4月3日
年無し50.4cm、2.24kg

レイコンと同じですが、いつの日か記録を更新できることを夢見ています。
年無しはこれ1枚しか釣っていません。

実はこの年無しを釣ったときはちょっとドラマ的なものがありまして(おおげさですが)。
釣りに行く気はまったくなかったのですが、大きな鯛を釣る夢を見ました。
それで、突然釣りに行き年無しを釣り上げたというものです。
師匠の目の前で釣れたのもうれしかったですね。

DSC07342.jpg
番外編

アオリイカ
体長42.2cm、全長113.4cm、2.5kg
H16年5月26日

イカ拓なんてあるんですよね。
これをやってるのはここの釣具屋しかないと思いますが。

これもアオリイカの最高記録です。
ちょーでかいです。
ヤエン釣りで釣り上げたものです。
和歌山県南紀にはこんな化け物クラスがいくらでもいます。
事実、4kgクラスのちょー大物が釣り上げられるのを目の前でみました。
本当に化け物です。
しかし、大きいのはおいしくないんですよね。
食べておいしいのは700gサイズくらいです。
これくらいの刺身が甘みがあって最高にうまいです。

私がよくヤエン釣りをしていたのは和歌山県白浜の千畳敷近くや三段壁です。
三段壁は自殺の名所でして、一人で夜釣りするには勇気がいります。
一人で行ったことはありませんが。
霊的な怖さだけでなく、釣り場まで断崖絶壁なので真っ暗な夜中は落ちてしまう怖さがありました。
しかし、この場所が一番大物が釣れる有名どころでした。

師匠の実際の釣り体験ですが、この名所で夜釣りをしていたらしいです。
深夜に突然、「ドボン!」と大きな音がしたらしいです。
ええ、なにかが海中に落ちた音です。
周りにいた少ない釣り人もいそいそと帰って行ったらしいです。
で、翌日にはそこで○体が浮かび上がっていたらしいです。
こんな話しを聞いてからはそこでは一人の夜釣りは行きませんでした。

また別話しで、これは私の怖い体験です。
これは霊的な怖い話しではありません。
千畳敷近くの穴場で(2.5kgを釣り上げた実績場)ヤエン釣りをしていました。
その日は比較的穏やかな波でした。
が、突然、大きな高波が襲ってきたのです。
これはヤバいと思い、あわてて高場に駆け上がりました。
ここもロッククライミングをするような場所なので高場にはかんたんに上がれません。
ギリギリのところで高波を回避できましたが、このときは本当にヤバかったです。
きっと釣り人はこんなふうにして高波にさらわれるんだと思いました。
高波って、波が穏やかなときにも突然やってくるので本当に怖いです。
このときからいつもライフジャケット着用で釣りをするようになりました。

釣りはいいのですが、自然相手ではどんな危険があるかわかりません。
同じ?ネイチャーでもここらへんがアクアとは違うところですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。