スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤系水草照明の考察
2013-06-18(16:21)(火)

DSC07347.jpg
レイコン出品終了後のニードルリーフルドウィジア

かんたんに増やせて丈夫な赤系有茎草です。
有茎草が鬼門の私にも問題なく維持できています。

しかし、最近、赤色の発色が若干薄くなってきたように思います。

レイコン終了後に変わった環境といえば照明です。
テクニカクリアランプホワイト球22W×2灯の照明時間を短縮しました。
レイコン撮影前はがっつりと8時間照射でしたが、現在は省エネ、コケ対策で照射時間は半減させています。
おそらくこれが赤みの薄くなった原因かと思います。
アクアスカイの照明時間は変えていませんが、強力な蛍光灯の照射力にはかなわないようです。

見た目もそうですが、赤色の再現、発色は蛍光灯が一番のように思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんですよね~
なんといっても光なのですよね。
赤系メインの水槽をアクアスカイ照明で立ち上げて間が無いのですが、根がしっかり張ったら照明追加をしなければですね。

ニードルリーフルドウジア、まだ水上葉なので・・・緑色です。。。
早く水中化して欲しいのですが・・・

No title

赤系メインの水槽ですか。
一度、ショップでそんな水槽を見たことがありますが、とてもきれいでした。
赤系メインの水槽楽しみですね。

やっぱり蛍光灯での照明強化が必要でしょうね。
LEDでは赤系の魅力を引き出すのは難しいですね。

No title

やっぱり赤系の色を綺麗に出すには蛍光灯が一番なんですかね。
電気代を考えるとLED照明を使いたくなるんですが・・・。
発熱も少ないですしね。

赤系の水草も綺麗に育てられるLED照明が開発されると良いですね♪

すえぞうさんへ

これからの季節はエコなLEDのほうがいいのかもしれませんが、赤系は圧倒的に蛍光灯が有利ですね。

LEDの開発はこれから期待したいところです。
プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。