スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルシウムリアクターの調整2日目
2014-08-07(19:26)(木)

DSC_0709.jpg
リアクターをセットしてほぼ1日経過しました。

セカンドリアクターのPH=6.92

DSC_0707.jpg
昨日の晩にPHコントローラーの設定をいろいろと変更していきました。

結局のところ設定値を6.75にして今日のPH=6.92でした。
こんなもんでしょうか。
肝心のKHですが、昨日の夜では排液のKH=26でした。
今日の排液KH=20、飼育水KH=11
なかなかいい感じではないでしょうか。
リアクター排液のKH=20~30にするのがベストなようです。
あとは自分がKHをどれくらいまでもっていきたいのかということになります。
うちの場合はKH=10~12を目標としていました。
1日で目標達成です。
実はかんたんカルシウムリアクターをはずしてからはKH=8くらいまで下がっていました。
かんたんカルシウムリアクターを使用時はKH=10で経過していましたから。
かんたんカルシウムリアクターが効果あったことがわかります。

今回のCaリアクターはPHコントローラーでのコントロールなので管理しやすいです。
逆にPHコントローラーがなければ非常に難しいと思います。
小型水槽ではすぐにPHが下がったり、KHが上がりすぎたりすると思います。
そして飼育水のPHが変動しにくいのが助かります。
DSC_0710.jpg
今日の飼育水PH=8.22

まったく変動していません。

DSC_0708.jpg
KHチェックなどしていると排液が止まっていました。

調整コックをいじっても排液がありません。
注射器で吸い取ってようやく排液が再開されました。
排液速度が遅いとちょっとしたことで排液が止まってしまいます。
このあたりの調整が微妙なところです。
少しだけ排液速度を上げて、CO2添加速度も上げておきました。
ここらへんの調整がまだしばらく続きそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リアクター

いよいよ本格始動ですね。

リアクターの調整は落ち着くヶ所がなく
苦労しました。
排液が止まってしまっていたことも何度も。
わたしはセカンド側にマグネシウムメディアを2割入れていましたので、この割合の調整も苦労しました。

Re: リアクター

リアクターの調整は本当に難しいですね。
10年前はPHコントローラーもなかったので苦労したのを覚えています。
小型水槽でのリアクターはPHコントローラーなしでは怖いです。

Mgメディア、これ気になってました。
入れようか迷っていましたから。
でもこれを入れるとMgもチェックしないといけなくなるし、でやめました。

No title

またまた出ました
古い記事「掘り起こし隊」化しているNeo-Cubeです。

察しの通り、小型ポンプの自吸力で超スロー点滴するとポンプの脈動やCO2溜まりによって停止しやすいです。
防止にはポンプのサイズアップによる自吸力アップか強制通水で圧をかけた方が安定しますよ。
しかし、強制通水は内圧に耐えられる構造じゃないと大惨事に…

Re: No title

いやいやいろんなところに突っ込みを入れていただいたほうが勉強になります。
当方、細やかなところはまだまだ素人です。(^^ゞ

たしかにポンプのパワーアップを図ると排水も安定しそうですね。
しかしヤフオク品質ではご指摘のとおり内圧が耐えられないと思います。
今のところは少し排水量をアップさせて止まらずに排水できています。
KHやリアクター内のPHも大きく変動しなくなりました。
いい感じで安定してきたようです。
プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。