スポンサーサイト
--------(--:--)(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキマーHS-A400の調整ははてしなく・・・
2014-09-10(20:59)(水)

DSC_0887.jpg
先日、設定してから丸1日たったプロテインスキマーHS-A400

なんとかモコモコ泡がたちました。
設定のベストバブルポイントはやはり同じような条件です。
しかしシビアすぎます。
たとえばこのコントロールパイプ・・・
DSC_0888.jpg
Tチーズから上に伸びているのがHS-A400のコントロールパイプと呼ばれるパイプです。

見た目はただの塩ビパイプですが、単品で買うと1000円以上します。
コントロールパイプの先は斜めにカットされており、回すことによってTチーズの穴(排水口)が徐々に閉じられるという仕組みです。
水漏れ防止のゴムパッキンも付いています。

DSC_0890.jpg
Tチーズとコントロールパイプに白い○がついています。

この白い○の位置を合わせるとスキマーからの排水量が100%です。
コントロールパイプを時計回りに回して90°回すと50%くらいの排水量です。
コントロールパイプを回すことでTチーズ内の排水口が閉じられる仕組みです。
写真の位置でしたらかなり排水量を絞っている状態です。

DSC_0889.jpg
ベストバブルポイントがわかるようにマーキングしています。

黒いマジックの線がそうです。
これを中心に左右させることでスキマー内の水位を微妙に調整します。
ただ、この回し方が非常にシビアです。
1mmほど回しただけでも泡の状態がかなり変わってきます。
本当にちょっとだけ回して調整していく必要があります。
HS-A400の調整ってこんなもんなのでしょうか。
どうも違うような気が・・・

しかし、現状ではどうしようもないのでシビアな調整が続いています。


今日の泡はこんな感じです。

DSC_0886.jpg
こちらはアクアキュート220

ようやくハタゴが落ち着いてくれました。
水槽内を2周はしました。
しかし、先日カニハゼが飛び出してしまいました。
ようやくエサをモグモグとしてくれるようになっていたのにショックです。
パウダーサンドもいつもきれいにしてくれていました。
残念です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
和歌山県発、アクアキュート250とアクアキュート220で海水魚してます。

カウンター2013年4月~
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新記事
ブログ村海水魚
月別アーカイブ
IAPLC2013
Twitter
カテゴリ
リンク
にほんブログ村海水魚
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。